5G通信!

最新5G通信回線をわかりやすく解説!メリットや4G回線との違いとは?

投稿日:

5G通信回線の特徴
皆さんは「5G回線」をご存知でしょうか?4Gなら聞いたことがあるけれど、5Gは初耳という方も多いかもしれません。

この5Gは次世代の通信方式として、今後4Gからの移行が進められていくものです。では実際に5G通信はどのようなもので、どのようなことができるのでしょうか?

「通信方式が変わるということは、今のケータイが使えなくなるの?」
「4Gとか5Gとかよくわからない。違いやメリットをわかりやすく解説してほしい」

そんな皆様に向け、当記事では5G通信の特徴やメリット、4G通信との違いや、5G通信でできることなどをご紹介いたします。

スマートフォン・ガラケーをお持ちの方すべてに関わる事柄ですので、知っておいて損はないはずです。少しでも興味のある方はぜひ当記事をご一読ください。

わかりやすく徹底解説!そもそも4Gとか5Gってなんなの?

4Gとか5Gとか、それ自体が何なのかよくわからないという方も、もしかするといらっしゃるかもしれません。

この章では手始めに「〇〇G(通信回線)」とは何かについてお話しいたします。

4Gや5Gとは携帯電話会社が提供する通信方式のこと

通信回線とは
ひとことでいえば、4Gや5Gとは携帯電話会社が提供する通信方式のことです。現状1G~5Gまでがあり、一般的に普及しているのは3Gと4Gです。

その携帯電話会社が提供する最新の通信方式、最も性能の高い通信方式が5Gであると考えていただければよいでしょう。

では具体的に、〇〇Gとはどういうものなのかというと、「携帯電話を(ネット)回線に繋ぐための無線通信技術」のことだと思ってください。

従来の電話機は、家に据え置いて、各種ケーブルを繋いで使用するものでしたよね。ところが携帯電話は、ケーブル無しで使うことができ、外に持ち出すことができました。

当然そこには、

「ケーブル無しで電話やメールができる」
「他者と連絡が取り合える、通信ができる」

という仕組みがなければなりません。その仕組みのことを4G、5Gなどというのです。

この通信方式があることにより、携帯電話でメールや電話、Webサイトの閲覧などができると考えてください。

そしてこの通信方式は、時代の変遷とともにその機能を拡張されてきたのです。

現在では1G、2G回線は使用されていない?

〇〇G回線の〇〇の部分は、数字が大きければ大きいほど性能が高く、新しいです。

現在最も新しいのが5Gであり、その性能の内容については後述いたしますが、無線通信技術の中では最も高性能であると考えてください。

それでは逆に、1G回線や2G回線とはどういうもので、今でも使われているのかというと、結論を先にいえば現在では使われていません。

1Gは1999年に、2Gは2012年にサービスが終了しております。現在使われているのは3G、4Gで、今後5Gへの移行が進んでいくでしょう。

ちなみに1Gや2G回線はどのような目的で、どのような使い方をされていたのかというと……

1G回線

1G回線
車に設置された自動車電話や、肩掛けの持ち歩き可能な電話=ショルダーホンに使用されていた回線。今の携帯電話の出発点である。

通信速度は今の通信技術に比べると低速だが、その割に利用料金は高く、法人での利用が多かった。この時点ではデータ通信は不可能で、通話しかすることができなかった。

2G回線

2G回線
1993年にサービス開始。PHSや、いわゆる「ガラケー」等の通信に使用された。

1G回線の通話機能を継承しているのはもちろん、音質の向上や携帯電話でWebサイト等を閲覧する「データ通信サービス」の提供もなされた。

スマホでSNSを使用する、という現代の文化は2G回線の登場により徐々に育まれていったものである。

このように、1G、2G回線は今の携帯電話、スマートフォンの原型ともいうべきサービスだったのです。

1G回線は「いつでもどこでも電話がしたい」というニーズに応え、2G回線は「もっときれいな音質で」「メールのやりとりがしたい」「ついでにWebサイトで調べものをしたい」といった多様なニーズに応えるものだったのです。

その後、2Gよりも新しい3G回線が登場し、4G、5Gと少しずつ技術が革新されてきました。3G回線に関しては未だに現役ではありますが、auでは2018年に新規受付が停止されています。

これからは4G、5Gの時代になっていくと考えてよいでしょう。

どうして通信回線を新しくする必要があるの?

今の3G回線とか、4G回線とかで充分満足できているのに、どうして通信回線をわざわざ新しくする必要があるのかと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

もしかすると、

「新しいスマホを買わせたり、高いプランに契約させたりして、より儲けたいからそんなことをするのでは?」

と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに各携帯電話会社が利益のことを考えているのは間違いありませんが、5Gは非常に性能が高く、通信速度や接続デバイスの台数などの面で利用者にもメリットがありますし、スマホだけではなく様々なものがネットに接続される現代においては、その多数接続に耐えうる通信回線の確立は必要不可欠なことだったのです。

昔はネットに接続するものといえば、携帯電話やパソコンくらいのものでしたが、今では他の様々なものがネット接続可能となっています。

体に身に着けて使用するウェアラブルデバイスや、医療機器、自動運転カー、ドローン、監視カメラやセンサーなど、インターネットに接続することができる機器や、接続するとより便利になるものが多数存在するのです。

そしてそれらの物の中には、ワイヤレス通信を必要としたり、ワイヤレス通信のほうが便利だったりするものが多数含まれているのです。

それらの機器をすべてネットに接続するとなると、より多くの機器をネットに接続できる強固なネットワーク回線が必要となります。

既存の無線通信回線(3Gや4G)はスマホやパソコンなどをネットに接続することを念頭に置いたものであり、それ以外のあらゆるものをネットに接続できるほどの強度を持ってはいないのです。だからこそ、5Gという新しい通信技術が必要になるわけですね。

ここまでお読みいただければ、5G回線の基本的な性能が、何となく分かってきたのではないでしょうか。

同時に大量のデバイスをネットに接続できる、遅延・低速といった問題が発生しにくいというのが、5G回線の大きな魅力のひとつなのです。

5G回線のココがすごい!性能や4Gとの違いを徹底解説!

5G回線の性能
それではいよいよ、5G回線のすごいところ、4G回線との違いを見ていきたいと思います。

ここでは5Gのメリットをご紹介いたしますが、それらすべてが4G回線との違い、4G回線よりも優れている部分だと考えてください。

5G回線のメリット

①最大20Gbpsの超高速通信が可能である
②1㎢当たり100万デバイスが同時にネット接続可能
③1msの超低遅延でネットを快適に使える

このように5G回線は、既存の通信回線より速度、接続台数、遅延いずれの部分でも優れています。これらのメリットについて詳しく見ていきましょう。

①最大20Gbpsの超高速通信が可能である

5G回線を利用した場合、下り最大20Gbpsの超高速通信が可能となります。これは今までの無線通信技術では考えられないような、超高速通信です。

たとえば皆さんは、既存のスマートフォン(4G回線を使用)の通信速度がどれくらいか、ご存知でしょうか。たとえばauだと……

au4G通信速度

下り最大 958Mbps
実効速度 約20Mbps(筆者のスマホで計測)

どんなに速くてもこれくらいです。実効速度については利用環境や時間帯により上下しますが、100Mbps以上の速度が出ることはまずないと考えてよいでしょう。

これと比べると、5G回線がいかに高速かがお分かりいただけるかと思います。1Gbps=1000Mbpsですから、5G回線は既存の4G回線の20倍以上の速度が出るということです。

むろん実効速度に関しては、5Gでも20Gbpsには届かないことがほとんどだと思います。何故ならこれは理論値であるからです。

現在においても、auなどの各キャリアが発表している最高速度と同じ速度が出ることはまずありませんし、それは5G回線でも同様だと考えられます。

しかし、上に記載した下り最大速度と実効速度から、仮に「実効速度は理論値の20分の1程度になる」と考えた場合、5G回線の速度は……

下り最大 20Gbps
実効速度 1Gbps

となります。現在のスマートフォンの50倍ほどの速度が出るということになるのです。

これだけの速度が出ていれば、データサイズの大きなアプリのダウンロードも一瞬でしょうし、高画質動画を視聴するときに読み込みが遅くなったり、再生が停止されてしまったりすることもまずないでしょう。

もしかすると、この通信速度に合わせて、よりたくさんの機能を詰め込んだサイズの大きなアプリや、高画質の動画などが誕生するかもしれません。今のスマホではできないことが、5Gではできるようになる可能性があるのです。

とすると、アプリや動画などのインターネットコンテンツに、新しいジャンル、文化が生まれてくる可能性も充分にあります。

これは本当に凄いことです。我々の生活が一気に変わる可能性もあるわけですから。

4Gとか5Gとか難しいことはよくわからないと思っていた方や、5Gにする必要性を感じなかった方も、少し楽しみになってきたのではないでしょうか。

通信技術の革新により、今まで見たことのない新たなインターネットコンテンツが誕生するかもしれないのです。

②1㎢当たり100万デバイスが同時にネット接続可能

続いてはこちら。前の章でも述べましたが、多数の端末が同時にネット接続ができるというのも5Gの大きな魅力のひとつです。

5G回線を使用すると、1㎢当たり100万台のデバイスが同時にネット接続可能となります。

たとえば東京の面積は622㎢ですから、5G回線だと東京では約6億2千万台のデバイスを同時にネットに接続することができるのです。日本の人口よりも遥かに多いですよね。

ちなみに4G回線だと、同時に接続できるのは1㎢当たり10万台。同時接続数においても、5Gは4Gの10倍優れているのです。

これからワイヤレス通信を行う家電等がおそらく増加するであろうことを考えると、この性能は我々の生活に非常に役に立つものだと言えるでしょう。

ではなぜ、5G回線だと100万台ものデバイスを同時に接続できるのか。そのポイントは、サービスごとの「パイプの区切り」にあります。

4G回線までは、すべての通信サービスを1つのパイプを通して提供していました。たとえばこんな感じです。

4Gのイメージ 5Gのイメージ
サービスA  → サービスA用のパイプを使って提供
サービスB  → ひとつのパイプを通って利用者に提供される  → サービスB用のパイプを使って提供
サービスC  → サービスC用のパイプを使って提供

このように、通信サービスごとに「パイプ」を分割することで、より多くのデバイスをネット回線に繋ぐことができるようになり、通信速度も向上するのです。

いわば、今までの通信回線(3G、4G)はあらゆる用途の通信が混然一体としていて、かえって効率が悪かったわけですね。

それを用途ごとに分割することで、より高速・多接続・低遅延という性能アップを実現することができたのです。

③1msの超低遅延でネットを快適に使える

最後に、非常に低遅延であるということ。これも5Gのメリットです。そもそも遅延とは何かというと……

パケットが送信者と受信者の間を往復するのにかかる時間のこと。

です。パケットとはいくつかに分割されたデータのことで、これが送信者と受信者の間を行き来することで、Webサイトの閲覧等が可能となります。

この遅延は送信者と受信者の物理的距離が大きければ大きいほど発生しやすくなります。通信速度そのものが速かったとしても、送信者と受信者の物理的距離が離れていると、データの行き来に時間がかかり、ネットを快適に使うことができなくなってしまうのです。

従来の4G回線では、クラウドコンピューティングといって、たとえばあなたがスマホでネットを使おうとしたとき、その処理は中央のクラウドが一括で行っていました。

先ほども述べた「ひとつのパイプ」と考えていただければよいでしょう。これだと中央のクラウドと利用者との間に一定の物理的距離が出てしまうため、どうしても遅延が発生してしまいます。

それに対し5Gは、エッジコンピューティングといって、たとえばあなたがスマホでネットを使おうとしたとき、その処理は中央のクラウドではなく、あなたの今いる場所、現在地から極力近い位置にあるネットワーク設備(無線基地局、局舎など)が行います。

つまり、4G回線を使用する場合よりも、インターネット設備との「物理的距離が近い」のです。

そのため、5G回線ではわずか1msという低遅延でインターネットを使用することができます。4G回線の遅延度は10msでしたので、5Gは4Gの10倍優れているということになりますね。

以上、5Gのメリットをご紹介いたしました。これがいかに優れた通信方式であるかがお分かりいただけたのではないかと思います。

これまで中央のクラウドが一括で処理していたものを分担し、より利用者に近いところから発信を行うことで、今までにない超高速・多接続・低遅延の通信接続が可能になるということです。

通信速度等の向上により、それを前提とする新たなサービス・文化が誕生する可能性もあります。

二つ折りの携帯電話から、持ち歩くパソコン・スマートフォンへの進化も目覚ましいものがありましたが、4Gから5Gへの進化もそれと同じくらいに凄いことなのです。

科学の劇的な発展を身近に感じられる、体感できるチャンスとも言えます。提供開始はもう少し先ですが、1年以内には一般向けのスマートフォンにも実装されることでしょう。

これからの展開が楽しみでなりません。

5G回線のサービス開始はいつ?5Gでできることってどんなこと?

5G回線のサービス開始
それでは最後に、5G回線の提供時期や、5G回線で今後できるようになることについてお話ししたいと思います。

5Gはスマホだけでなく、他のあらゆるシーンでの活用を期待されているものなのです。

5G回線のサービス提供開始は2020年?

2018年10月3日、総務省で5Gに関するヒアリング会が行われました。その中でNTTドコモは、2019年9月頃よりプレサービスを開始し、2020年春には商用サービスを開始すると発表しています。

まずは5G回線を利用する端末を希望者に貸し出し、テストを行い、それで問題が無ければ2020年の春には一般向けに5Gサービスを開始するということです。

これと並んで、KDDIとソフトバンクも2019年にプレサービスを開始、2020年を目途に5Gの本格展開を行う予定であると発表しています。

多少時期がずれる可能性もありますが、東京オリンピックが開催される2020年の春には、5Gによる超高速通信が可能になると考えてよいでしょう。

また、格安スマホ業界の中で唯一、楽天モバイルも2020年に5Gサービスを提供すると発表しています。既存3キャリアだけでなく、格安スマホも5Gサービスへ参入してくるわけです。

現在格安スマホを利用されている方で乗換を考えておられる方は、2020年まで待って楽天モバイルに乗り換えたほうがいいかもしれません。

従来の4Gとは比較にならないほどの高速通信を、大手3キャリアよりも安い金額で使用できる可能性が高いですからね。

5G回線があるとどんなことができる?

5G回線が導入されると、おそらく一般的な家電にもワイヤレス通信対応のものが増えてくるのではないかと思います。

また、自動車やセキュリティ(監視カメラ等)などの分野において、5G回線が活躍することは間違いありません。

ここでは5G回線でできること、5G回線に期待されていることについてお話しいたしましょう。

5G回線でできること・期待されていること

①各コンテンツの音質や画質の向上
②より高度な自動運転技術の開発
③ドローンの遠隔操作範囲の拡大
④遠隔手術ロボットの実現
⑤多角的なセキュリティ体制の確立

これらの事柄についてもう少し詳しく見ていきましょう。

①各コンテンツの音質や画質の向上

突然ですが皆さんは、ネットで動画を視聴しているときに、急に画質が悪くなったり、あるいは急に良くなったり(元の画質に戻ったり)したことはありませんか?

自動で画質を切り替える機能を搭載している動画プレイヤーは、あなたの利用環境に合わせて自動で画質を変更するため、たとえば利用者のパソコン・スマホの通信速度が遅いと、自動で低画質動画に切り替えてくれます。

通信速度が一定以上になれば、その低画質動画を標準画質、あるいは高画質に自動で切り替えてくれるのです。

つまり、動画の画質は通信速度に大きく左右されるということです。

通信速度が遅い状態で高画質動画を見ようとすると、読み込みに時間がかかり、視聴の最中に動画が停止してしまったり、ぷつぷつと途切れ途切れになってしまったりします。逆に充分な通信速度が出ていれば、より高画質の動画を楽しめるのです。

現存する画質の中で最も高画質なのは、4K(4K解像度)ですが、これを視聴するには40Mbps程度の通信速度が必要とされています。

パソコンでもスマホでも、40Mbpsもの通信速度を常時確保するのは非常に難しいことです。しかし5G回線を使用すれば、最低でも100Mbps程度の速度が出ると推定されているため、4Kどころかその倍の8K画質も楽しむことができるようになるでしょう。

現存するネットコンテンツが5G回線用により高画質になる可能性があります。

画質の他にも、音質の向上にも期待できるでしょう。通信速度が遅いと、やはり音質も悪くなってしまうのです。

5G回線への完全移行が済めば、たとえば各通話アプリで連絡を取り合う際の音質も今より良くなるのではないかと思います。

5Gはまだ実装されていませんので、あくまで予想ではあるものの、画質・音質は今よりさらに良くなることは間違いなさそうです。

②より高度な自動運転技術の開発

自動運転技術の分野においても5G回線は活躍することでしょう。5Gではネットワーク設備との物理的距離が小さくなるため、自動運転カーの安全性や操作性の向上が実現されると思われます。

たとえば、中央のクラウドと自動運転カーの間に一定の物理的距離が存在する4G回線の場合、車に指令が届くまでにいくらかの遅延が発生します。停止操作が間に合わず、人や物にぶつかってしまうということもあり得るのです。

しかし5G回線なら、遅延は従来の10分の1ですから、安全性が向上することは間違いありません。

さらに、自動運転カーにカメラを装着し、その映像を見ながら人が車を遠隔操作する場合には、8K高解像度の映像を見ながら操作を行うことができるため、より正確で安全に配慮した運転が可能となるでしょう。

このように5G回線は自動運転技術の分野においても活躍が期待されているのです。

③ドローンの遠隔操作範囲の拡大

5G回線を利用すれば、ドローンなどの遠隔操作範囲の拡大もできます。

4G回線を利用したドローンは、操作者のコントローラーと直接通信を行いながら飛行や撮影を行いますが、そのコントローラーとの距離が遠くなりすぎると操作不能となり、最悪の場合には墜落してしまいます。

しかし5G回線なら、ドローンはその本体から近いところにあるネットワーク設備を経由し、コントローラーと通信を行いながら、飛行・撮影を行うことになるため、現在よりも飛行範囲が大幅に拡大するものと思われます。

これを分かりやすく言うなら、野球における「中継」です。たとえばバッターの打った球がレフトに飛んで行ったとします。

レフト(外野手)はボールをキャッチし、点数を取られるのを防ぐためにボールをキャッチャーに投げ返しますが、外野からホームベースまではかなりの距離があります。

そのままボールを投げ返したのでは、ボールがキャッチャーにまで届かなかったり、何度かバウンドして球速が落ちてしまったりする可能性があります。

それを防ぐためには、いったん内野手(この場合、ショートもしくはサード)にボールを渡し、その内野手にボールをホームにまで投げてもらわなければなりません。

この「目的地(ホームベース)まで何人かの野手がボールリレーを行うこと」を野球では「中継」と言いますが、5G回線はこれに近い仕組みを持っていると言えます。

ドローン操作の指令(飛行継続、高度の上下、着陸等)を、各ネットワーク設備を経由してドローン本体に伝えることができるため、飛行範囲が劇的に拡大するのです。

一説によれば、日本を縦断できるくらいには操作範囲が広がるとのこと。ドローンを使ったエンターテイメント企画も誕生しそうですね。

④遠隔手術ロボットの実現

患者が離島に居住していたり、優れた医師がどうしても持ち場を離れられなかったりと、必要な手術が物理的距離のせいで行えないことは往々にしてあります。

この物理的距離は長らく人間の生命を脅かしてきたものです。行き来に時間がかかるのはもちろん、行き来するための費用を集められずに、治療を受けられないというケースは数えきれないほどあったのです。

たとえば、日本人患者がアメリカで治療を受ける場合、アメリカへの渡航費用や滞在費用がかかります。それを集められなければ、治療を受けるのを諦めなければなりません。

しかし5G回線が導入されれば、遠隔手術も可能になるかもしれません。優れた医師がロボットを用いて外科手術を行うのです。

5G回線を使えば高解像度の映像で患者の様子を見られますし、遅延も少ないためより高度で精確な操作が可能となります。物理的距離という今までどうにもならなかった問題が、いっぺんに解決される可能性があるのです。

5Gは世の中が一変するような、革新的な技術なんですね。医療面でも活躍が期待されます。

⑤多角的なセキュリティ体制の確立

最後に、多角的なセキュリティ体制の確立。これも5G回線に期待されていることです。

ドローン、監視カメラ、飛行船、自動運転カーなどを用いて、会場全体を多角的に警備することができるのです。

各種カメラから管制へ送られる映像も高解像度になりますから、危険察知がよりしやすくなると考えてよいでしょう。

まるでSF映画のようですが、これからは本当に映画の中のような時代になっていくと思います。5G回線はその入口、きっかけともいえる革新的技術なのです。

5G回線に即して世の中が一気に変わっていくと予想されます。

5G通信回線の特徴やサービス開始時期まとめ

5G通信回線の特徴やサービス開始時期まとめ
以上、5G通信回線についてお話しいたしました。

既存のスマホ通信・Wi-Fiとは仕組みの違う、新しい通信方式が5Gです。これが実装されることによって、世の中のあらゆるものが変わっていく可能性があります。SF映画の中に見るような世界が実現されるのもそう遠くないかもしれないのです。

現在、5G回線の実相を発表しているのは、KDDI、ドコモ、ソフトバンク、楽天モバイルの4社となっております。

商用サービスのスタートは2020年からです。現在スマホの機種変更等を考えている方は、2020年まで待って、5G対応の機種を契約したほうがいいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-5G通信!

Copyright© WiFiの通信速度やエリアを比較!料金や口コミでおすすめは【WIMAX】 , 2019 All Rights Reserved.