ソフトバンクairとwimaxを徹底比較!どちらのほうがお得で便利なの?

ソフトバンクairとwimaxを徹底比較
Youtubeの広告によく出てくるソフトバンクair。これはソフトバンクが提供を行っている無線インターネットサービスです。

大企業が運営しているから安心だと考えてこれを契約する方も多いようですが、実はソフトバンクairは不便であまりおすすめできないサービスです。というのも、同サービスにはデメリットが多すぎるんですよね。

「広告で見たけど、本当にソフトバンクairを契約しちゃっていいの?」
「wimaxとか、他の無線インターネットと比べてどうなの?」

当記事ではそれらの疑問にお答えすべく、ソフトバンクairとwimaxの特徴を比較してみたいと思います。

両者の特徴を把握していただければ、なぜソフトバンクairがダメでwimaxが良いのか、お分かりいただけるはずです。

徹底比較!ソフトバンクairとwimaxはどちらのほうが優れている?

ソフトバンクairは無線インターネットサービスのひとつですが、その内容はおそらく皆さんがイメージするのとはかけ離れたものです。

ソフトバンクairとwimaxの違いをまずはざっくりと確認してみましょう。

ソフトバンクairとwimaxの違い

①持ち運びの可否。ソフトバンクairは外に持ち出して使うことができない
②ルーター本体の価格や支払い方法。ソフトバンクairは自動的に36回払いとなる
③通信速度。ソフトバンクairは通信速度が遅いとの口コミもある

以上がソフトバンクairとwimaxの主な違いとなります。特に①に関しては驚いた方も多いのではないでしょうか。

上記項目について、ひとつひとつ解説してまいります。

①持ち運びの可否。ソフトバンクairは外に持ち出して使うことができない

持ち運び不可
ソフトバンクairは、コンセントに挿すだけで使えるWi-Fiルーターです。

サイズは小さく、手に持って歩くこともできますが、ソフトバンクairには「決められた範囲の外で使ってはいけない」というルールがありますから、たとえば旅行先や出張先に持って行って使用するということはできません。

範囲外で通信を行うと、そういったことをしないようにとのハガキが届きます。あくまで「家でのみ使えるルーター」だとお考えください。

無線インターネットと訊いて、「家でしか使えない」とイメージする人は、それほど多くはないのではないでしょうか。

無線インターネットといえば持ち運びが可能で、当然家の外でも使えるものと考える方が大半だと思います。

しかし、ソフトバンクairは決められた範囲の中でしか使うことができないのです。厳密にはネットを使用すること自体は可能なのですが、使えば後日ソフトバンクから注意のハガキが届くことになります。

ソフトバンクairの公式HPには、この事実が大きく掲載されていませんから、契約してしまってから外で使えないことに気づいたという方もたくさんいらっしゃるようです。

それに対し、wimaxが提供するルーターは「モバイルルーター」であり、サイズが小さく簡単に持ち運びができるのはもちろん、使用可能範囲は別段定められていないので、いつでも好きな場所でインターネットを使うことができます。

この部分を見るだけでも、ソフトバンクairとwimaxには大きな違いがあり、後者のほうが断然優れているということがわかりますよね。

ソフトバンクairには、無線インターネットなのになぜか外に持ち出して使えないという大きなデメリットがあるのです。

外でも使えたほうが便利であることは間違いないわけですから、サービスとしてはwimaxのほうが優れているということになります。

②ルーター本体の価格や支払い方法。ソフトバンクairは自動的に36回払いとなる

ルーター本体の価格や支払い方法
ソフトバンクairの口コミを調べると、低評価の口コミが多数ヒットします。

低評価を付ける理由は人それぞれ違いますが、このルーター本体の価格と支払方法に関する部分は、同サービスで最もヘイトを集めていると言えるかもしれません。

というのも、同サービスにはルーター購入プランとレンタルプランとがあり、購入プランに入会するとルーター本体の代金を支払うことになるわけですが、その支払い方法が「36回払い」に設定されているのです。

ソフトバンクairのルーターの価格は税抜58,320円。これを36回払いで支払う「購入プラン」に入会すると、月々の基本料金が1,000円以上割引されるため、実質無料でルーターを手に入れることができます。ルーター代込みで月々3,800円で使えるのです。

これだけなら別に文句はないのですが、問題は、ソフトバンクairの契約期間が2年縛りであることです。

契約期間は2年であるのに対し、分割払いは36回払い固定……これでは契約期間満了時にローン12ヶ月分が余ってしまいますよね。

そのため契約から2年間で解約する場合には、残りの12回分を一括で支払わなければなりません。それが無理なら、もう2年利用を継続するか、決して安くない解約金を支払って、本体代金を支払い終えた時点で解約するかしかありません。

要するにソフトバンクairは、契約期間や分割払い、解約金で顧客をがんじがらめにする、解約しにくいサービスであるわけです。

ソフトバンクが運営しているからと、このサービスに良いイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実際にはこのようなダークな部分も存在するのがソフトバンクairなのです。

それでは、wimaxはどうでしょうか。wimaxにもやはり、契約期間の縛りはあります。ほとんどのサービスが2年縛りとなっているのです。

しかし、ルーター本体に関しては無料となることも多く、契約から2年後にまだローンが残っているといった状況には絶対になりません。

解約したければ、2年後の更新月に解約を申し込んでください。解約金や残りの本体代金を請求されることもなく、0円で解約が可能です。

このように、契約面においてもwimaxのほうがやや良心的だと言えそうですね。ソフトバンクairには、なぜそんな仕組みにしたのか疑問に感じる部分が多々あるのです。

③通信速度。ソフトバンクairは通信速度が遅いとの口コミもある

最後に通信速度について。ソフトバンクairの通信速度は、非常に低速となる場合もあります。2~3Mbpsしか出ない、遅すぎて使えないといった声が多数見受けられるのです。

Youtubeの標準画質動画を視聴するのに必要な通信速度が1Mbpsと言われていますから、2~3Mbps出ていればネットを使えないことはありません。

しかし、最近の無線インターネットサービスの通信速度からすると、これはあまりに遅すぎます。

wimaxの通信速度は、平均20Mbps程度です。混みあう時間帯にはやや低速となることもありますが、それでも2~3Mbpsしか出ないということはほとんどありません。

実際、私もwimaxを使用していますが、10Mbpsを割ることはほとんどなく、どの時間帯でも快適にインターネットを使えています。

利用環境により多少異なってくるとはいえ、wimaxの通信速度がソフトバンクair並みに遅くなることはほぼないと考えてよいでしょう。

以上の3点から、ソフトバンクairとwimaxなら、wimaxのほうが便利で良心的だといえます。

無線インターネットを契約するのなら、持ち運びができて本体代金0円、通信速度が速くて便利なwimaxがおすすめです。

ソフトバンクユーザーならお得?ソフトバンクairのメリットとは?

デメリットばかりのように見えるソフトバンクairですが、ではメリットはひとつもないのかというと、そういうわけではありません。ソフトバンクairにもいくつかのメリットがあります。

ひとつひとつ見ていきましょう。

ソフトバンクユーザーならお得に使える

ユーザー割引
ソフトバンクairには、ソフトバンクユーザーの優遇制度があります。

ソフトバンクairとソフトバンクのスマートフォンをお使いの方には「おうち割」が適用され、基本料金が1,000円安くなるのです。

ソフトバンクairは基本データ容量無制限のサービスですが、もともと3,800円と安い料金がさらに1,000円引きされて2,800円となると、これはデータ容量無制限のサービスとしては業界トップクラスに安いです。

外に持ち出して使うことができなかったり、本体代金の支払いが基本36回だったりする点が特に気にならない、困らないのというのであれば、ソフトバンクairにするのもありかもしれません。

ソフトバンクユーザーにとっては間違いなく魅力的なサービスです。

スマホの回線を使用しているため繋がりやすい

ソフトバンクairのもうひとつのメリットは、スマホ回線を使用しているため、広い範囲をカバーしており、ネットに繋がらないなどのトラブルがほとんどないということです。

昔の携帯電話は田舎へ行くと圏外になったものですが、現在のスマホ回線は日本全国を広くカバーしており、圏外になるということはほとんどありません。

ソフトバンクairはそのスマホ回線を使用しているため、どの地域にお住いの方であっても基本的には問題なく使うことができます。

地域によっては繋がりにくい、使い物にならないということがほぼないというのは、ソフトバンクairの大きなメリットでしょう。

もしこれが外へ持ち出して使うことのできるサービスであったなら、相当高い評価を受けていたのではないかと思われます。色々ともったいない部分が多すぎるんですよね。

ルーター本体実質無料

ルーター本体が実質無料で手に入ること自体は、評価すべきポイントでしょう。

自動で36回払いになる、契約期間が2年間であるなど残念なところもありますが、本体が実質無料になること自体は利用者にとってメリットが大きいといえます。

他のサービスだと、5万円も6万円もするルーターをそのままの価格で購入しなければならない場合もありますからね。

このようにソフトバンクairにもメリットはあります。何から何までダメなサービスというわけではありません。

しかし、wimaxと比べるとwimaxのほうが色々と便利でお得だというだけです。皆さんが現在ソフトバンクのスマホをお使いなのであれば、ソフトバンクairにするのもありだと思います。

基本料金がさらに1,000円安くなりますからね。

ソフトバンクairとwimaxの比較まとめ

ソフトバンクairとwimaxの比較まとめ
以上、ソフトバンクairとwimaxの比較結果をご紹介いたしました。

全体的なサービスの質でいえば、wimaxに軍配があがります。皆さんがソフトバンクユーザーでないかぎりは、wimaxを契約したほうが無難でしょう。

逆にソフトバンクのスマホをお使いの方は、特典があるのでソフトバンクairを契約しても良いと思います。ただし、外に持ち出して使えないなどのデメリットがあることは忘れないでくださいね。

ぜひ皆さんもwimaxやソフトバンクairの公式サイトを閲覧して、ご自身の目で、サービスの内容や料金等を確認してみてください。