キャッシュバック比較

wimaxのキャッシュバック詳細!サービスごとの違いや金額を徹底調査

投稿日:

WIMAXのキャッシュバック
持ち運びのできるWi-Fiサービスといえばwimaxが有名ですが、実はwimaxにも色々な種類があることをご存知ですか?

各プロバイダがサービスを提供しているため、同じwimaxでも微妙に料金やオプション、キャッシュバック等が異なっているのです。

自分にぴったりのサービスを見つけるには、各サービスの比較を行うことが必要です。

「いちばんお得に使えるwimaxって結局どれなの?」
「最新のルーターが使えて料金の安いサービスってある?」

気になる方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、キャッシュバックの有無や金額という観点から、各サービスの比較を行ってみたいと思います。

現在wimaxへの加入を考えている方は、加入の前にぜひ当記事をご一読ください。

最もお得なwimaxはどれ?キャッシュバックの有無や金額を調べてみた

キャッシュバックとは、入会と同時に、あるいは入会後しばらくしてから一定の金額が戻ってくること、そのキャンペーンや制度のことを指します。

wimaxの場合、入会と同時にキャッシュバックが発生することが多く、またその金額は入会するプランや支払い方法によって変わってきます。

まずはキャッシュバックを行っているサービス一覧を見てみましょう。

サービス名 キャッシュバック金額
UQ WiMAX 3,000円~13,000円
@nifty WiMAX 30,000円
BIG LOBE WiMAX 15,000円~46,970円
GMOとくとくBB 31,400円~37,150円
朝日ネット 10,000円

wimaxの中でキャッシュバックを行っているのは主にこの5サービスとなります。

他にも数千円程度のキャッシュバックを行っているサービスもありますが、それについては今回取り上げません。

この章では各サービスの料金や特徴、キャッシュバックの内容などについてお話しいたします。

UQ WiMAX

UQ WiMAX
UQ WiMAXは、元祖ワイマックスサービスです。もともとワイマックスはUQコミュニケーションが開発・提供した通信サービスですからね。ニフティやBIG LOBEはそのwimax回線を利用したサービスなのです。

さて、それではUQ WiMAXはどのようなサービスなのか。料金や特徴を見てみましょう。

UQ WiMAX
料金 4,380円/月
初期費用 3,000円(ルーター本体無料)
データ容量 無制限
契約期間 3年
特徴 au回線を使用してネット接続を行うLTEオプションが無料
キャッシュバック詳細(ルーター機種:キャッシュバンク金額)
W05 13,000円
WX05 8,000円
W06 3,000円
HOME 01 8,000円
HOME L02 3,000円

※キャッシュバックを受けるには専用の申込ページから加入する必要があります。

UQ WiMAXの特徴は、料金こそ他のプロバイダサービスに比べて若干高額であるものの、LTEオプションが無料であるということです。

このLTEオプションとは、auのスマホ回線を利用して通信を行うモードのこと。本来は月額1,005円(使わなかった月は0円)の有料オプションなのですが、これが完全無料となります。

LTEオプションは月7GBまで使えるため、たとえば旅行先でwimax回線が使えなかったとき、ネットに繋がらなかったときの保険として役立つのです。

(1)UQ WiMAXのキャッシュバックについて

さて、問題のキャッシュバックについてですが、上記の通りルーターの機種によりキャッシュバック金額が変わります。

何が何やらわからないという方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的にルーターは「末尾の数字が大きいほど新しい」と考えてください。

つまり、UQ WiMAXで現在提供されているルーターの中でもっとも新しいものは、Speed Wi-Fiシリーズ(語頭にWもしくはWXが付く)だとW06であり、HOMEシリーズだとL02であるということです。

上記の通り、新しい機種を申し込むとキャッシュバック金額が小さくなります。

ちなみに、Speed Wi-FiシリーズとHOMEシリーズの違いは何かというと、持ち運びができるかどうかという点です。

通信速度などの面での違いもありますが、もっとも大きな違いはルーター本体の大きさでしょう。

Speed Wi-Fiシリーズはスマホくらいのサイズで容易に持ち運びができますが、HOMEシリーズは文字通り自宅用のルーターであり、通常の有線ルーターと同じくらいのサイズです。外に持ち出して使うのには向いていません。

ではUQ WiMAXに入会する場合、どのルーターを選択すべきなのかというと、間違いなくW06ですね。

キャッシュバック金額が小さくはなってしまいますが、W05などの1世代前の機種と比べると高性能ですし、持ち運びができたほうが便利でしょうから、HOMEタイプよりもW06のほうが良いと考えます。

あえて古い機種やHOMEタイプを注文するメリットは今のところ見当たりません。

(2)UQ WiMAXに入会するメリットは?

UQ WiMAXのメリット
wimaxには様々な種類のサービスがあります。その中のひとつであるUQ WiMAXに入会するメリットは、LTEモードが無料で使えるということでしょう。

wimaxと名の付くサービスのほとんどが、最新機種W06を提供しており、W06を使用する場合、どのサービスを利用しても通信性能は変わりません。

とすると、料金やオプションの面で判断するしかありませんが、UQ WiMAXには「LTEモード無料」が唯一のメリットであるといえます。

UQモバイルのスマホとセットで入会するとお得にはなりますが、wimax単体の申込の場合には、LTEモード無料が唯一のメリットだと考えてください。

@nifty WiMAX

@nifty WiMAX
続いては@nifty WiMAXの基本情報やキャッシュバックについてお伝えいたします。

@nifty WiMAX
料金 4,350円/月
初期費用 3,001円(手数料3,000円+ルーター本体価格1円)
データ容量 無制限
契約期間 3年
特徴 キャッシュバック金額が大きい。入会するプランによってはLTEオプションが無料に
キャッシュバック詳細
W06、WX05、HOME 01、HOME L02のいずれかを購入 30,000円キャッシュバック

@nifty WiMAXは本家ワイマックスと比べるとやや料金が安く、最新機種でも30,000円のキャッシュバックを受けられるという特徴があります。

また、本家ワイマックスと同じように、入会するプランによってはLTEモードが無料で使えます。全体的に本家wimaxよりも優れているという印象です。

(1)@nifty WiMAXのキャッシュバックについて

前述の通り、@nifty WiMAXでは最新のルーター(W06やHOME L02)でも30,000円のキャッシュバックが付きます。

UQでは、その最新2機種のキャッシュバック金額は3,000円とされていますが、@nifty WiMAXではその10倍の30,000円となっているのです。

基本料金はUQよりも安いですし、データ容量無制限である点や、端末本体がほぼ0円で手に入れられる点はUQと同じですから、現状UQと@nifty WiMAXなら後者のほうがお得であると言えるでしょう。

ちなみに、ルーター本体が有料とされているサービスや、レンタル方式のサービスもあります。

ルーター本体は最新機種だと5~6万円程度はかかりますから、それがほぼ無料になるのは嬉しいですよね。

また、レンタル方式だと毎月レンタル料がかかったり、壊してしまったときに弁償が必要になったりしますから、Wi-Fiを利用するなら購入方式がおすすめです。

@nifty WiMAXは購入方式であり、レンタル料等は必要ありません。

(2)@nifty WiMAXに入会するメリットは?

@nifty WiMAXのメリット
@nifty WiMAXに入会するメリットは、現在のところキャッシュバックの金額が大きいという部分のみです。

UQモバイルユーザーだとスマホ代金がいくらか割引になるプランもあるのですが、同じようなプランがUQ WiMAXにもありますから、@nifty WiMAX固有のメリットとは言えません。

これといったオプションもなく、良くも悪くも平均的というのが@nifty WiMAXの特徴です。

オプションの充実度などで選ぶのなら他サービスを利用したほうがいいのですが、その辺にこだわりがなければ@nifty WiMAXでも充分でしょう。

BIG LOBE WiMAX

BIG LOBE WiMAX
続いてはBIG LOBEです。まずは料金などの基本情報と、キャッシュバックについて確認してみましょう。

BIG LOBE WiMAX
料金 4,380円/月
初期費用 3,000円
データ容量 無制限
契約期間 3年
特徴 毎月の料金割引か一括キャッシュバックかを選べる
キャッシュバック詳細
W06、WX05、HOME L02のプランに入会時、キャッシュバック方式を選択 最大46,970円のキャッシュバック

ISPとして非常に有名なBIG LOBE。同社にもwimaxサービスが存在します。

キャッシュバックの金額は業界トップクラスに高く、毎月の料金から割引か、一括で現金キャッシュバックかを選ぶことができるのが特徴です。

(1)BIG LOBE WiMAXのキャッシュバックについて

BIG LOBE WiMAXのキャッシュバックの特徴は、毎月の料金から一定の金額を割引し、最終的には実質46,970円のキャッシュバックとなる割引方式か、入会から6か月後に15,000円が一括で振り込まれる振込方式かを選ぶことができるという点です。

よりお得なのは割引方式ですが、キャッシュバックを受けているという実感はわきにくいといえます。

一括で15,000円振り込んでもらい、そのお金で何かするという形のほうが良いという方もいらっしゃるかもしれません。

いずれにせよ、46,970円という金額はwimax業界ではトップクラスに高額ですし、15,000円のキャッシュバックもそれなりに高額な部類だと言えるでしょう。

現状、キャッシュバック重視でサービスを選ぶのなら、BIG LOBE WiMAXがいちばんおすすめです。

(2)BIG LOBE WiMAXに入会するメリットは?

BIG LOBE WiMAXのメリット
BIG LOBE WiMAXに入会するメリットは、前述の通りキャッシュバックの金額が大きいということと、インターネットサギウォールやパスワードマネージャーといったオプションが用意されているということです。

たとえば自宅のメインのネット接続方法としてBIG LOBE WiMAXを契約する場合、このルーターを通して、ネットにあまり詳しくない祖父母や、まだネットというものに慣れていない子供もネットを使用することになります。

ネットサーフィンをしているときにワンクリック詐欺などに引っかかり、そのお金を支払ってしまうということもあり得るでしょう。

自分の家族をネット上の詐欺から守りたい、そんな場合に役立つのがインターネットサギウォールです。

このソフトウェアを導入すれば、お使いの端末をあらゆる詐欺サイトから守ることができます。月額料金はたったの300円。これで高齢者や子供のいる家庭でも安心してネットを使うことができますよね。

こうしたセキュリティ関係のサポートオプションを用意しているサービスは実は少ないのです。

これはBIG LOBE WiMAXの大きなメリットのひとつだと言えるでしょう。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB WiMAX2+

続いてはGMOが提供するとくとくBBについて。基本的にwimaxサービス名には「wimax」という言葉が使われていますから、GMOとくとくBBがwimaxサービスであることをご存知でない方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、GMOとくとくBBはれっきとしたwimaxサービスであり、お得さにかけては業界トップクラスとの呼び声も高い良質なサービスとなっております。

まずはGMOとくとくBBの基本情報等を見てみましょう。

GMOとくとくBB
料金 4,263円/月
初期費用 3,000円
データ容量 無制限
契約期間 3年
特徴 LTEオプションが無料
キャッシュバック詳細(ルーター機種:キャッシュバンク金額)
W05 37,150円
WX05 32,000円
W06 32,000円
HOME 01 31,400円
HOME L02 31,400円

このようにどの機種を選んでも30,000円以上のキャッシュバックが受けられます。

キャッシュバック最高額は37,150円とBIG LOBEに劣りますが、最新機種でも非常に高額なキャッシュバックを受けられるという点で優れていますね。

(1)GMOとくとくBBのキャッシュバックについて

GMOとくとくBBのキャッシュバックの特徴は、金額が大きいこともそうですが、何より最新機種でも30,000円以上の高額なキャッシュバックを受けられるということです。

最初に述べたUQ WiMAXはW06だと3,000円のキャッシュバックでしたよね。それがGMOとくとくBBでは、約11倍の32,000円になるのです。

wimax全体の傾向として、キャッシュバックの金額は新しい機種ほど小さくなります。今後新しいサービスが誕生したとしても、その部分は変わらないでしょう。

最新機種のほうが本体価格が高く、それを無料で提供したうえキャッシュバックもつけるとなれば、会社の負担が大きくなってしまいますから、最新機種についてはキャッシュバックの金額を低めに設定するということが多いのです。

その状況の中で、GMOとくとくBBはW06でも32,000円と、高額なキャッシュバックのあるサービスとなっています。正直に言ってしまえば、UQ WiMAXよりも断然お得なサービスです。

BIG LOBEと比べてどうかというところですね。

(2)GMOとくとくBBに入会するメリットは?

GMOとくとくBBのメリット
GMOとくとくBBに入会するメリットは、キャッシュバックの金額が大きいのはもちろん、「公衆無線LAN」や「安心サポート(ワイド)」など有料オプションが充実しているということです。

特に注目すべきは公衆無線LANでしょう。これは月額362円の料金を支払うだけで、wimaxルーターを持っていなくとも外でインターネットを使えるサービスです。

専用のWi-Fiスクエアの範囲内にいれば、パソコンやスマホをいつでもネットに接続することができます。

ルーターを持ち歩くのが面倒だったり、なくしてしまうのが怖かったりする方には非常に便利なオプションです。

また、wimaxのデータ容量無制限プランには、厳密には制限が存在します。直近3日で10GBの通信を行うと、通信制限がかかるのです。

しかし公衆無線LANオプションに加入しておけば、万が一速度制限がかかったとしても、外に出ればWi-Fiを使うことができます。

普段から外では公衆無線LANを使うようにして、wimaxの通信量を節約することもできるでしょう。

加えて、安心サポートワイドも素晴らしいオプションです。これに入会しておくと、ルーターが水濡れ故障をしてしまった場合でも無償で修理をしてもらえます。

価格は月額500円と安いので、GMOとくとくBBに入会するのであれば、このオプションを付けておいたほうがよいでしょう。

朝日ネット

ASAHIネット WiMAX 2+
最後に朝日ネットのキャッシュバックや基本情報をお伝えいたします。

同サービスは有線・無線インターネットの両方を扱ったもので、入会するプランによってそれぞれ料金や特典が違いますから注意が必要です。

朝日ネット
料金 4,290円/月
初期費用 3,000円(端末代金無料)
データ容量 無制限 or 7GB
契約期間 3年
特徴 LTEオプション無料。キャッシュバックに加えて入会から最大5ヶ月料金無料
キャッシュバック詳細(ルーター機種:キャッシュバンク金額)
WX05、W06、HOME 01、HOME L02の4種 10,000円のキャッシュバックは13ヶ月後に行われる。それにプラスして入会から5ヶ月間、利用料金が0円となるキャンペーン中

朝日ネットは、wimaxを提供する会社としてはそれほど知名度が高くないかもしれません。

ですが、そのサービス内容・キャッシュバック制度は他のサービスと同等かそれ以上に優れており、BIG LOBEやとくとくBBと比べてどうかというところです。

現金キャッシュバックと料金無料とが組み合わされているところを見ると、BIG LOBEととくとくBBの中間に位置するともいえるかもしれません。

(1)朝日ネットのキャッシュバックについて

朝日ネットに入会すると、「13ヶ月後に10,000円キャッシュバック」と「入会から5ヶ月間料金無料」の両方の特典が受けられます。

したがって、実質的なキャッシュバック金額は……

10,000円+4,290円×5ヶ月=31,450円

となります。結構な金額ですよね。キャッシュバックの行われるのが13ヶ月後というのは評価の分かれるところでしょうが、そのうち5ヶ月間は料金が無料になりますし、その後7ヶ月継続して利用するだけで10,000円がもらえるのです。

キャッシュバック制度としては非常に優れているというか、利用者にとってメリットの多いものとなっています。

さらに、このキャッシュバックはW06などの最新ルーターを選んだ場合にも適用されます。最新機種だからキャッシュバック金額が低くなるということはないのです。

どの機種を選んだ場合でも同じ金額のキャッシュバックが受けられます。もちろん5ヶ月間料金0円も適用されます。

UQと比べると、少なくともキャッシュベック制度においては朝日ネットのほうが断然お得です。

これまで見てきたように、BIG LOBEには月々の料金を値引きして最大46,970円のキャッシュバックとなる制度があり、GMOとくとくBBには最低32,000円の現金キャッシュバックがありました。

朝日ネットは、料金値引きと現金キャッシュバックの両方が適用されるため、BIG LOBEやとくとくBBの中間に位置するサービスだといえるのです。

(2)朝日ネットに入会するメリットは?

朝日ネットのメリット
では、キャッシュバック以外で朝日ネットに入会するメリットは何かというと、セキュリティソフト・マカフィーを月額500円で利用できるということと、その料金が入会から12ヶ月間無料になるということです。

セキュリティソフトを単体で購入するよりも断然安いのです。しかもこのオプションを付ければ、デバイス3台までを追加料金なしで保護することができます。

その他にも、朝日ネットにはデータ無制限バックアップ(月額500円)や、雑誌読み放題オプション・ダブホ(月額460円)などのオプションが存在し、このオプションの充実度が同サービスに入会するメリットだといえます。

朝日ネットに限らず、wimaxと名の付くすべてのサービスは、通信性能や料金自体はほぼ同じで違いがないのです。

ですので、キャッシュバックの内容やオプションの充実度で選ぶのが失敗しないコツとなります。

まとめ!キャッシュバックの内容で選ぶのならどのサービスがいちばん良いの?

以上、wimaxのキャッシュバックについてご紹介いたしました。

実質的なキャッシュバック金額が最も大きいのはBIG LOBEですが、現金キャッシュバックの金額が最も大きいのはGMOとくとくBBであり、その中間に位置するのが朝日ネットです。

最終的にお得になる金額が大きいほうが嬉しいと思うのか、それとも現金が一括で振り込まれたほうが嬉しいと思うのか、それを基準に選んでいただければと思います。

個人的には、実質的なキャッシュバック金額が大きいBIG LOBEがおすすめですが、GMOとくとくBBや朝日ネットも良いサービスですし、もっと言えば、キャッシュバックのないサービスにも、オプションの充実度などで上記3サービスに勝っているものもあります。

各サービスの内容や違いをしっかりと把握・比較し、自分にぴったりのサービスを見つけてくださいね。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-キャッシュバック比較

Copyright© WiFiの通信速度やエリアを比較!料金や口コミでおすすめは【WIMAX】 , 2019 All Rights Reserved.