おすすめのwi-fi厳選!

直近3日制限なしで使い放題!KINGWiFiのメリットや口コミ評判まとめ

投稿日:

KINGWiFi 評判
無線インターネットサービスの「データ無制限プラン」には、実際には制限があることがほとんどです。1日3GBの利用で速度制限がかかったりするんですよね。

その他にも、解約金や初期費用の高さなど様々な問題がありますが、KINGWiFiを契約すればそれらの問題も一気に解決。制限一切なし、解約金やルーター購入代金などがすべて無料となっています。

コスパの面では業界トップクラスの無線インターネットサービスです。

「解約のたびにお金を支払わされるのは嫌。いつでもやめられるWi-Fiを契約したい」
「ルーター購入に何万も払うのはさすがに無理。ルーター無料のサービスってないの?」

そんな皆さんには本当にKINGWiFiがおすすめです。このサービスに入会すれば、好きなだけインターネットを楽しむことができるうえ、解約金や違約金はなし、端末購入代金も0円です。

当記事ではKINGWiFiのメリットやデメリット、料金、口コミ評判などをご紹介いたしますので、現在Wi-Fi利用を考えている方はぜひご一読ください。

データ容量無制限でルーター0円?KINGWiFiの基本情報やメリットとは?

KINGWiFiは、無線インターネットサービスの中では比較的新しい部類に入ります。

従来のWi-Fiサービスには、データ容量の上限や解約金の存在など、評判の悪い制度が未だに残っているのですが、KINGWiFiはそうした「Wi-Fiサービスの悪いところ」を一掃したサービスだと言えます。

データ容量の上限や解約金に納得がいかずWi-Fiを契約しなかった、という方には是非ともおすすめしたいですね。

それではKINGWiFiの基本情報と、このサービスのメリットを見てみましょう。

KINGWiFi
料金 3,600円/月
データ容量 無制限
初期費用 各種手数料8,000円(ルーター本体は無料レンタル)
契約期間 無し
通信速度 下り最大612Mbps(機種による)
上限・速度制限 無し

KINGWiFiのメリット

①数日単位でのデータ容量制限がなく、好きなだけネットが使える
②ルーターはレンタル方式で、レンタル料は無料
③端末は小さく持ち運びができるため、外でもネットを使える
④ソフトバンクのLTE回線を使っているため、ネットに繋がりやすい
⑤全額返金保証制度がある
⑥違約金無しでいつでも好きなときに解約できる
⑦盗難・紛失にも対応のサポートオプションがある

このように非常にメリットの多いサービスとなっています。この章では上記メリットについて解説いたします。

①数日単位でのデータ容量制限がなく、好きなだけネットが使える

kingwifi データ容量無制限
無線インターネットサービスといえば、WIMAXが有名です。

WIMAXにはデータ容量無制限プランが存在し、「好きなだけネットを楽しめる」と宣伝されています。ところが、厳密にいえばWIMAXにはデータ容量制限が存在するのです。

確かに月間のデータ容量は無制限となっているのですが、直近3日で10GB利用した場合、速度制限がかかる仕組みになっています。その意味でWIMAXは実際には「データ容量無制限ではない」と言えるのです。

これに対しKINGWiFiは、月ごとのデータ容量は無制限のうえ、数日単位でのデータ容量制限もありません。これがまずひとつKINGWiFiのメリットだと言えるでしょう。

3日で10GBもの通信をすることは、そう簡単なことではありませんが、1日に何時間と高画質動画を見たりする方にとっては少々心許ない数値であると言えます。

万が一使い切ってしまったら、翌日に速度制限がかかってしまい、ネットを快適に使うことができなくなってしまうのです。こういった速度制限はできればないほうが嬉しいですよね。

KINGWiFiに入会すればその望みは叶います。このサービスには直近3日で10GBといった制限はありませんから、好きなだけインターネットを楽しむことができるのです。

高画質動画を見まくったり、サイズの大きなアプリや動画像をいくつもダウンロードしたり、色々な使い方ができますね。

本当の意味での「データ容量無制限」のWi-Fiをお探しの方には、KINGWiFiがおすすめです。

②ルーターはレンタル方式で、レンタル料は無料

Wi-Fiを契約する際には、ルーターを購入しなければならない場合も多いです。

最新の機種だと6万円ほどすることもあり、初期費用が高くなりがちというのも、無線インターネットの問題点のひとつだといえます。

しかしKINGWiFiなら、そのルーター購入費用も必要ありません。同サービスはルーターをレンタルするという方式のため、購入費用がかからないのです。

初期費用として各種手数料はかかりますが、ルーター本体は完全無料。解約時に返却すれば料金は一切発生いたしません。

実は、このレンタル方式で運営されているサービス自体少なく、しかもレンタルの場合でもお金がかかるケースが多いのです。

KINGWiFiのようにルーター取得・利用に一切お金のかからないサービスは珍しいんですよね。とにかく料金は安いほうがいい、初期費用にあまりお金をかけたくないという方にもKINGWiFiはおすすめです。

③端末は小さく持ち運びができるため、外でもネットを使える

KINGWiFiで提供されているルーターは、Y-mobileが運営を行う「ポケットwifi」で提供されているルーターと同じものです。

ポケットwifiというだけあって、ルーター本体はポケットに入るくらいに小さく、重量も普通のスマホと変わらないくらいです。そのため、気軽に外へ持ち出して、出先でインターネットを楽しむことができるのです。

たとえば、「カフェで勉強をしたい、仕事をしたい」と思うことはないでしょうか?KINGWiFiならその望みも叶うのです。

外へ持ち出して、スイッチを入れればそれだけでOK。スマホやパソコンをインターネットに接続することができます。旅行や出張のお供にもなるのがKINGWiFiの良いところです。

また、KINGWiFiは家のメインのネット接続方法としても役立ちます。有線インターネットの場合、ネットに繋ぐことができるのはパソコンのみですし、複数のパソコンをネットに繋ぐなら、パソコンの台数分のケーブルが必要となります。

家の中に何本もケーブルがあるのは邪魔で見栄えも悪いですし、できれば避けたいところですよね。

KINGWiFiに入会すれば、家のケーブルを一掃できるうえ、家のパソコンはもちろんのこと、スマホやタブレットなども同時にネットに繋げることができるのです。家族みんなで使えるのが良いですよね。

④ソフトバンクのLTE回線を使っているため、ネットに繋がりやすい

ソフトバンクのLTE回線を使用
KINGWiFiは、ソフトバンクのLTE回線を使用したサービスです。これは簡単に言えば、ソフトバンクのスマートフォンのネット回線のこと。

WIMAXで使用されているWIMAX回線に比べると、スマホ用の回線とだけあって「繋がりやすい」という特徴があります。やはりKINGWiFiは外に持ち出して使うのにも良いサービスなんですね。

ちなみに、WIMAXにもauの回線を利用してネット接続を行うLTEモードというものがあるのですが、こちらは月額1,005円の有料オプションとなっています。

もしWIMAXに繋がらない、繋がりにくいということが起こったとしても、お金を払わなければそれを解決することができないのです。これはWIMAXのデメリットですね。

KINGWiFiなら、使用する回線が最初からソフトバンクスマホのものでありますから、繋がらないということはほとんどないと言ってよいでしょう。

建物のなかや地下、周囲を樹林に囲まれた場所であっても、繋がるケースが多いと思われます。地方にお住いの方でも安心して利用できますね。

⑤全額返金保証制度がある

全額返金保証
これはもしかすると業界初の試みかもしれません。KINGWiFiには「全額返金保証制度」があるのです。

契約から1ヶ月以内に返金を求めれば、それまでにかかったお金がすべて戻ってきます。既存のWi-Fiサービスにもクーリングオフ期間はあるのですが、それが適用されるのは最初の8日間のみですし、そもそもこれは法律によって定められていることであって、各企業が積極的に取り組んでいるものではありません。

サービス提供者が自ら補償期間を用意し、かつ1ヶ月という保証期間を設けているのは、おそらくKINGWiFiだけでしょう。少なくとも私は他にそういうサービスを知りません。

この制度があることによって、無線インターネットサービスに不安を抱いている人、たとえば「使い方がわからなくて駄目だったらどうしよう」「ネットに繋がらなかったりしたらどうしよう」などの思いを抱いている方であっても、安心して入会することができますよね。

利用者の不満や不安にこれほど適切に対応しているサービスは、今のところ他にはありません。

後述のように解約には一切お金がかかりませんし、これまでポケットwifiを使ったことがないという方は、とりあえずKINGWiFiに入会すると良いかもしれませんね。

他にも良いサービスはたくさんありますが、KINGWiFiはほぼノーリスクで試すことができるので、特に初心者さんにはおすすめです。

⑥違約金無しでいつでも好きなときに解約できる

これもKINGWiFiの大きなメリットのひとつですね。このサービスには「解約金・違約金」の類が存在しません。不要になればいつでも無料で解約することが可能です。

普通の無線インターネットサービスには、「契約期間」が存在します。期間は2年もしくは3年なのですが、新規契約・契約更新から2年以内、もしくは3年以内に解約をする場合、最大20,000円ほどの解約金が必要となるのです。

解約金ナシで解約できるタイミングが、2年もしくは3年に一回しかないため、他サービスに乗り換えたりすることが難しくなっているのです。

このような「縛り」は長いこと批判されてきたものですが、多くのWi-Fiサービスが未だにこのシステムを使っています。

その点、KINGWiFiなら安心ですね。KINGWiFiにはそもそも「契約期間」というものが存在しないため、いつでも好きなタイミングで解約することができます。

解約金、違約金の類は一切発生いたしません。KINGWiFiも良いサービスですが、もし万が一他にもっと良いサービスができたときに、容易に乗り換えられるというのが良いですよね。

この点でKINGWiFiは他のサービスよりも優れています。

⑦盗難・紛失にも対応のサポートオプションがある

サポートオプション
そして最後に、盗難や紛失にも対応しているサポートオプションがあるということ。これもKINGWiFiのメリットです。

他のサービスにも、ルーター故障時に無償修理をしてもらえるオプションを用意しているところはあります。しかしそれらのオプションはあくまで故障に対するものであって、盗難や紛失には対応していないことがほとんどです。

それに対しKINGWiFiには、盗難や紛失にも対応してもらえるサポートオプションが存在します。

本体の故障はもちろん、万が一本体を盗まれてしまったり、なくしてしまったりしてもすぐに新しいものを届けてくれるのです。外でルーターを使用することの多い人にとって、これほどありがたいオプションはないでしょう。

サポートオプションの料金は月額600円と安いので、KINGWiFiに入会するのならこのオプションを付けておいた方が良いと思います。

絶対になくしたりしないという自信があるのならいいですが、人生何が起こるかわかりませんからね……。

KINGWiFiのここが不便!KINGWiFiのデメリットや弱点

一見メリットばかりのサービスのように思えるKINGWiFiですが、デメリットや弱点がないわけではありません。他のサービスよりも劣っている部分や、少々不便な部分も存在するのです。

この章ではKINGWiFiを正しく理解してもらうことを目的として、あえて同サービスのデメリット・弱点をご紹介いたします。

KINGWiFiのデメリット

①機種はポケットwifiと同じだが海外では使えない
②WIMAXなどと比べると通信速度が遅い
③ルーター本体はやや古い機種である
④スマホ回線のため、混雑の影響を受けやすい

これらのデメリット・弱点についてお話しいたしましょう。

①機種はポケットwifiと同じだが海外では使えない

海外使用NG
まずはじめに知っておいていただきたいのは、KINGWiFiは海外では使えないということです。

KINGWiFiで提供されているルーターはY-mobileのポケットwifiというサービスのものと同一であり、Y-mobileには海外利用プランがあります。その海外プランに入会すると海外でもWi-Fiを利用することができるのです。

しかしKINGWiFiは、海外での利用に対応しておりません。こういったWi-Fiルーターを海外で使用するには専用プランへの入会が必須なのですが、そもそもKINGWiFiには海外利用プランが存在しないのです。

したがって、KINGWiFiに入会し、ルーターを海外へ持ち出して使うということはできません。

もしあなたが海外用のWi-Fiルーターを探しているのなら、KINGWiFi以外の、海外利用向けのWi-Fiサービスに入会する必要があります。

海外で利用する場合には専用のルーター&プランを、というのはどのサービスでも同じですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

②WIMAXなどと比べると通信速度が遅い

これもKINGWiFiのデメリットです。KINGWiFiのルーターはY-mobileのポケットwifiと同じものですが、型式が1世代前のものです。

したがって、ポケットwifiの最新機種よりも通信速度は遅いですし、WIMAXの最新機種と比べると、その差は歴然。下り最大速度(理論値)に2倍ほどの差があります。

WIMAX最新機種 下り最大1.2Gbps
Y-mobile最新機種 下り最大972Mbps
KINGWiFi 下り最大612Mbps

さらに、実効速度にも差が存在し、最も速いのはやはりWIMAXです。WIMAXでは1日平均で28Mbpsほどの速度が出ますが、KINGWiFiは1日平均で15Mbps程度です。

もちろん利用環境によって変わってきますが、まったく同じ環境で実効速度を計測した場合、より速度が出るのはWIMAXでしょう。通信速度に関してはWIMAXのほうが優れているのです。

しかし通信速度に関しては、10Mbpsも出ていればほとんど問題はありません。Youtubeの標準画質動画を見るのに必要な速度が1Mbpsですから、その10倍以上の速度が出ているのなら、高画質動画の視聴もできますし、サイズの大きなアプリや動画像のダウンロードもスムーズです。KINGWiFiでもネットは充分快適に使えます。

通信速度にそれほどこだわりがない、別に普通にネットを使えれば問題ないという方なら、KINGWiFiでも充分満足できるかと思います。

③ルーター本体はやや古い機種である

先ほども述べましたが、KINGWiFiで提供されているルーターは1世代前のものです。したがって、最新機種と比べると、通信速度や安定性が劣っています。

もちろん使えないことはないですが、最新のルーターでより快適なインターネットを楽しみたいという方には、不満に思われる部分もあるかもしれません。

ちなみに、Y-mobileで提供されているルーターは長らく603HWという機種だったのですが、2019年3月7日に最新機種801HWが誕生しました。

こちらのルーターは下り最大972Mbpsと高速で、今後ポケットwifiの定額プランにも導入されると思います。そうなれば、KINGWiFiで提供されているルーターは2世代前のものということになりますね。

もちろん、この手のルーターは短期間で新作が発表されるものでありますから、古い型式のものだからといって「使えない」ということはありません。

602HWも充分な速度が出ますし、持ち運びもできて便利です。最新ということに特にこだわりがないなら、602HWでも満足できるかと思います。

④スマホ回線のため、混雑の影響を受けやすい

これはKINGWiFiだけでなく、スマホ回線を使用するWi-Fiサービスすべてに共通することなのですが、この種のサービスは時間帯ごとの混雑の影響を受けやすいです。

たとえば皆さんは、スマホを使っていて「重いなあ」「読み込みが遅いなあ」と思ったことはありませんか?

スマホを使用する人が増える時間帯、昼時や夕方から夜にかけては回線が混雑しますから、一時的に通信速度が遅くなってしまうことがあるのです。

KINGWiFiはスマホ回線を使用しているため、それと全く同じ現象が起こります。時間帯によっては「重い」「遅い」と感じられることもあるのです。

ネットがまったく使えないほどの速度になることはありませんが、ひどい場合には2~3Mbpsにまで速度が落ちる可能性もあると考えておいたほうがよいでしょう。

WIMAXの場合は、独自のWIMAX回線を使用しているため、混雑の影響を受けないというか、スマホに比べればユーザー数が少なく混雑しにくいため、速度が極端に落ちるということはありません。やはり通信速度という面ではWIMAXに軍配が上がるのです。

このように言うとKINGWiFiを契約するのをためらってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、思い出してください、このサービスには1ヶ月の返金保証期間があります。

とりあえずは10日~20日ほど使ってみて、もし万が一、「速度が遅すぎて使えない」ということがあれば、解約を申し込めばいいのです。使ったお金は全額戻ってきますし、解約金や違約金は不要です。

1ヶ月間ノーリスクで試せるWi-Fiサービスは他にはありませんから、どの会社と契約するか迷っている方は、とりあえずKINGWiFiに入会してみてはいかがでしょうか。

評判は良い?悪い?KINGWiFiの口コミ評判を調べてみた

KINGWiFiはデータ容量無制限、低価格で使えるコスパ抜群のサービスです。解約金の類もなく、他のサービスよりも自由度が高いというのが魅力ですが、果たして実際に利用した人たちからはどのような評価を受けているのでしょうか?

まずは高評価の口コミを見てみましょう。

高評価の口コミ

料金も安くて気に入っています。旅行や出張が多く、滞在先でネットを満足に使えないこともあるので、とても便利ですね。不要になったら解約金なしでいつでも解約できるし、初期費用も安い。WiMAXとどちらにしようか迷っていましたけど、KINGWiFiにしてよかったです。
有線インターネットからKINGWiFiに乗り換え。もともとかなりネットを使うほうだから、データ容量無制限&数日単位の上限がないのは嬉しい。ルーターはポケットwifiのものだけど、正直本家ポケットwifiよりもこっちのほうがお得なのでは?ソフトバンク回線だから繋がらないということもないし、これからも使い続けたいと思います。
以前Wi-Fiルーターを盗まれてしまったことがあるため、盗難にも対応のサポートオプションがあるのは嬉しい。仕事柄外でネットを使う場面が多いから、どうしても盗難や紛失のリスクは高くなる。他のWi-Fiだと弁償が必要だったりするけど、KINGWiFiはサポートのおかげで安心して利用できる。

低評価の口コミ

私の利用環境だと通信速度が1日平均で10Mbpsを下回ります。調べて見たら、都内だと速度が落ちる場合が多いみたい。逆に地方だと20、30Mbpsくらいは出るのね。契約前に知っていれば最初からWIMAXを選んでいたのでちょっと残念。でも違約金不要で解約できるのは良いですね。近々乗り換えます。
データ容量無制限なのはいいけど、どうしても速度がねぇ……。自分の場合、時間帯によっては2~3Mbpsしか出ないこともある。スマホ回線だから仕方ないっちゃ仕方ないんだけど、まさかここまでとは。有線インターネットとかワイマックスのほうが安定性は高いのかなと思う次第です。
海外でも使えるものと思っていたら、使えないのね(汗)海外旅行のために使えるWi-Fiを探していたんですが、本家ポケットwifiとまちがって契約してしまいました。本家のほうは専用のプランに入会すれば海外でも使えるみたい。とりあえず全額返金保証使って、KINGWiFi解約しようと考えてます。

以上、KINGWiFiの口コミをご紹介いたしました。高評価の口コミには、解約金やデータ容量制限のないことを称賛する内容のものが多かったです。

既存のWi-Fiサービスの多くはデータ容量に上限を定めていますし、解約するには解約金が必要なケースが多いです。

便利なサービスも多いのですが、それらデメリットが未だに存在するわけですね。そういったWi-Fiサービスの悪いところを改善したのがKINGWiFiです。

逆に低評価の口コミには、通信速度に関する内容のものが多かったです。やはり有線インターネットやWIMAXと比べると、実効速度は遅いようです。

利用環境にもよるので一概にいうことはできませんが、基本的には速度面ではWIMAXに負けると考えておいたほうがよいでしょう。

KINGWiFiには1ヶ月間の全額返金保証期間がありますから、その間に通信速度等を確かめ、解約するか否か決めていただければと思います。

KINGWiFiの料金や通信速度、保証などまとめ

KINGWiFiの料金や通信速度、保証などまとめ
いかがでしたでしょうか。KINGWiFiはデータ容量無制限、解約金なし、料金も安く、繋がりやすくてサポートも充実の素晴らしいサービスです。

既存のWi-Fiサービスよりも優れている部分が多いという印象ですね。通信速度はWIMAXに劣りますが、10Mbps程度の速度が出れば充分という方なら、満足できる内容だと言ってよいでしょう。

無線インターネットサービスの契約をお考えの方は、ぜひKINGWiFiに入会してみてください。もし気に入らなければ、返金保証制度を利用してお金を返してもらいましょう。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-おすすめのwi-fi厳選!

Copyright© 【WIMAXのエリアや速度調査】おすすめwifiの料金やキャンペーン比較2020 , 2020 All Rights Reserved.