ゲームやVODとの相性抜群?無線インターネット(wimax)のメリット

無線インターネットのメリッ
有線インターネットから無線インターネット(Wi-Fi)に乗り換えるだけで、インターネットはより快適に、便利になります。

特に、ネットゲームをたくさんする人やVOD(U-NEXTなどの動画サイト)を利用する人にはおすすめです。

「wimaxなどのWi-Fiに乗り換えるメリットって何?」
「ゲームやVODもデータ容量を気にせず好きなだけ使えるの?」

気になる方も多いのではないでしょうか。そこで当記事では、有線インターネットから無線インターネットに乗り換えるメリットや、ゲーム・VODとの相性についてお話しいたします。

wimaxのほうが便利?有線インターネットから無線に乗り換えるメリット

無線へ乗り換える
それではまず、有線インターネットから無線インターネットに乗り換えるメリットを見ていきましょう。

無線インターネットサービスにもwimaxやポケットwifi、あるいはそれ以外と様々な種類があるのですが、当記事では無線インターネットを原則wimaxと定義いたします。

そのうえで、有線から無線に切り替えることにはどのようなメリットがあるのか、まずはご紹介いたします。

無線に乗り換えるメリット

①複数の端末を同時にネットに接続できる
②外に持ち出して使うことができる
③データ容量は無制限で通信速度も速い
④自宅のネット関連のケーブルを一掃できる

これらが無線インターネットに乗り換えるメリットとなります。もう少し詳しく見ていきましょう。

①複数の端末を同時にネットに接続できる

メリットの1つ目は、複数の端末――スマホやパソコン、タブレットなどを同時にネットに接続できるということです。

家に一台置いておくだけで、パソコンはもちろん、家族全員のスマートフォンをネットに接続することができます。

有線インターネットの場合、ネットに接続できるのはパソコンのみですよね。それも、複数台ネットに接続しようと思えば、ケーブルを何本も用意しなければなりません。

一階と二階のパソコンを接続する場合には、ケーブルを1階、2階へと引っ張っていかなければならないのです。

しかし無線インターネットなら、それらケーブルを用意するまでもなく、各パソコンをネットに接続することができますし、ケーブルを接続することのできないスマートフォンやタブレットも同時に、ネットに接続することができます。

有線インターネットよりも遥かに便利ですよね。

②外に持ち出して使うことができ

2つ目は、外に持ち出して使うことができるということ。これも無線インターネットのメリットです。

wimaxで提供されているルーターには、小型のものと、通常のルーターと同じくらいのサイズのものとがあり、前者はスマホくらいのサイズ・重さです。そのため、ルーター本体を外に持ち出して、ポケットwifiとして使うこともできます。

たとえば皆さんは、たまにはカフェで勉強をしたいとか、仕事をしたいとか、あるいはゲームをしたいとか考えたことはありませんか?

Wi-Fiルーターを持ち歩けば、外でインターネットを使うことができるため、調べものやデータの送受信等も気軽に行えますし、もちろんネットゲームをすることもできます。

家のインターネット設備を丸ごと外へ持ち出して(といっても荷物にはなりませんが)、いつでもどこでもネットを楽しめるのが無線インターネットの良いところです。

③データ容量は無制限で通信速度も速い

有線インターネットを使用している人にとっていちばんの心配事は、データ容量や通信速度についてでしょう。

有線インターネットならデータ容量は無制限ですし、通信速度もそれなりに出ますから、「無線にしたら制限がかかったり、遅くて使えなかったりするのでは?」と不安に思う方も多いのではないかと思います。

確かに昔の無線インターネットは速度的には有線に遠く及びませんでしたし、データ容量に関しては現在でも制限のあることが多いです。

しかし、wimaxにはデータ容量無制限のプランもあり、かつ通信速度も有線並みに速いので安心です。

wimaxのデータ容量無制限プランは、月4,000円前後が主流であり、それほど高額ではありません。また通信速度に関しても、利用環境に影響されるものの1日平均で30Mbps弱出ることがほとんどです。

有線インターネットの平均速度もそれくらいでしょう。wimaxなら有線とほぼ同じ条件で使うことができるのです。

ただし、wimaxには「直近3日で10GB利用で速度制限」という制約があります。1日3.3GB以上の通信を行う方は、有線インターネットをそのまま使ったほうが良いかもしれません。

といっても、1日で3GB以上もの通信を行うのは難しいことですから、実際に使ってみればそれほど困ることはありません。

たとえば、VODで配信されている1時間の長さの動画は、大体800MBから1GBくらいのサイズです。それを1日に3本ダウンロードしても3GBにはまだ満たないくらいなんですよね。

そのため、よほど使い過ぎないかぎりは、wimaxで速度制限がかかるということはありません。

④自宅のネット関連のケーブルを一掃できる

最後に、自宅のネット関連のケーブルを一掃できること。これも無線インターネットのメリットです。

複数のパソコンをネットに接続しようと思えば、各端末とルーターとをケーブルで連絡しなければなりません。何台ものパソコンを繋げるとなれば、それだけケーブルの本数も多くなります。

床にケーブルが何本も通っているのは見栄えが悪いですし、足をひっかけて転んだり、ルーターやデバイスを壊してしまったりする可能性もありますよね。

無線インターネットに乗り換えれば、それらのケーブルは全部片づけられます。部屋のなかはすっきりし、転倒や端末落下のリスクも減るのです。

生活そのものがより快適になるわけですね。有線インターネットにも安定性など優れた部分はありますが、無線インターネットにはそれよりさらに多くのメリットが存在するのです。

徹底検証!無線インターネットとゲーム・VODとの相性はばっちり?

無線インターネットとゲーム・VODとの相性
以上のメリットを踏まえたうえで、無線インターネットとゲーム・VODの相性について見ていきましょう。

ネットゲームやVODをよく利用される方はぜひチェックしてみてください。

インターネットゲームとの相性

無線インターネットのメリットについて述べた章で、無線インターネットは「データ容量無制限で、通信速度も速い」と述べました。

このことから、各インターネットゲームと無線インターネットの愛称はばっちりだと言えます。それも、ケーブルが必要ないだけ有線よりもさらに相性が良いと言えるでしょう。

たとえば眠る前にノートパソコンでちょっとだけゲームをしたいというときに、有線インターネットだと、わざわざパソコンの前に座ってゲームを起動しなければなりません。

しかし、無線インターネットならお使いのノートパソコンを寝室に持って行って、布団に寝転がりながらゲームをするということも可能です。

あるいは、ルーターを持って外へ出て、カフェや職場の休憩スペースでゲームをすることもできます。

美味しい珈琲を飲みながらゲームをして時間をつぶしたり、休憩時間を有意義に使ったりと、有線インターネットではできなかったことが可能となるのです。

高解像度のゲームを利用する場合は通信量が大きくなりますから、制限がかからないよう「やりすぎ」には注意したいところですが、いつでも好きな場所でゲームができるということから、無線インターネットとネットゲームの相性は抜群だといえます。

また、複数の端末で同時に別のゲームができるというのも、Wi-Fiならではのメリットです。

パソコンでゲームをする場合、そのゲームをしたい人が何人もいると、自分の順番が回ってくるのを待つか、ルーターにケーブルを繋いでネット回線を自分のパソコンにまで持って来なければなりません。

しかし、無線インターネットなら複数のパソコン・スマホ・タブレットを同時にネットに接続することができるため、各々が好きなゲームを楽しむことができます。

ネットゲームには、FPSのようなゲームの他にも、将棋、囲碁、オセロ、麻雀といった頭脳ゲームもありますよね。

家族全員がそれぞれ好きなゲームをすることができるという意味で、無線インターネットとネットゲームの相性はばっちりだと言えるのです。

VOD(各動画サイト)との相性

VODとは、たとえばU-NEXTやネットフリックスのような、「有料会員登録で動画が見放題になるサービス」のことです。無線インターネットはこのVODとも相性抜群です。

まず通信速度とデータ容量について。これはwimaxなら有線と同等のレベルの速度が出ますし、基本的にデータ容量無制限ですから、VODの高画質動画も問題なく見ることができるでしょう。

何度も言うように、直近3日で10GBという制限に引っかからないように、使いすぎには注意する必要がありますけれどね。

これだけなら有線でも無線でも変わらないじゃないか、有線でもVODを問題なく使えるじゃないかとお思いになるかもしれませんが、重要なのはここからです。

先述の通り、無線インターネットは外に持ち出すことが可能で、さらには複数の端末を同時にネットに接続できます。

ということは、出張先や旅行先で動画を楽しんだり、自宅で家族全員が各々の端末で好きな動画を楽しめるということです。

これは有線インターネットでは不可能なことですよね。そのため、無線インターネットはVODとの相性もばっちりだと言えるのです。

テレビのチャンネル権争いのように、何の動画を見るかで揉めたり、外でふいに暇になったときに何もすることがなくて困ったりということは一切ありません。

それだけではなく、たとえばGMOとくとくBBなど、オプションを付けることで街のWi-Fiを追加料金なしで利用できるようになるサービスもあります。このオプションを付ければ、ルーターを持ち歩かなくとも、外でネットを使うことができるのです。

たとえば、このオプションに入会して外のWi-Fiを使ってVODの動画をダウンロードするのはどうでしょうか。

Wi-Fiエリアでの通信に制限はありませんから、何百メガバイトとある動画データを好きなだけダウンロードすることも可能です。

そうすると、wimaxルーター本体の通信量を節約し、「直近3日で10GB」ルールによる速度制限を回避することもできるのです。

このように無線インターネットは、VODとの相性がばっちりでサービスによっては速度制限を気にすることなく動画を楽しむことができるようになります。

有線インターネットよりも遥かに便利ですよね。

有線ネット・無線ネットの比較まとめ

有線ネット・無線ネットの比
以上、無線インターネットのメリットと、ゲーム・VODとの相性をご紹介いたしました。

無線インターネットには、

複数の端末を同時にネットに接続できる
外に持ち出して使うことができる
データ容量は無制限で通信速度も速い
自宅のネット関連のケーブルを一掃できる

というメリットがあり、それがゲームやVODとの相性の良さに繋がっています。現在有線インターネットをお使いの方は、ぜひ無線インターネットへの乗換を考えてみてください。

なお、当記事では無線インターネットをwimaxと定義いたしております。他のWi-FiサービスだとゲームやVODとの相性が異なってきますから、ゲームやVODにぴったりのサービスをお求めの方は、wimaxにご入会ください。