wi-fiの特徴を把握!

利点や弱点を徹底比較!インターネットは無線と有線どちらがお得?

投稿日:

無線と有線
インターネットには無線と有線の2種類があります。この2つのうち、お得なのはどちらなのでしょうか?

一般的な家庭では有線インターネットがまだまだ主流かもしれませんが、結論を先に言ってしまえば、無線インターネットのほうがお得です。できることなら、早めに無線インターネットに乗り換えたほうがよいでしょう。

「でも、無線インターネットって有線よりも質が悪いんじゃない?」
「無線はよくわからない。繋げば使える有線のほうがわかりやすくていいのでは?」

いえいえ、そんなことはありません。確かに昔の無線インターネットは有線インターネットよりも低品質で、安定性、通信速度ともに劣っていたかもしれませんが、現在ではその弱点は改善され、有線インターネットと同等かそれ以上のクオリティを有しています。使い方もとても簡単で、機械が苦手な方でも問題なく扱えるものです。

当記事では無線インターネットと有線インターネットの特徴や、どちらがお得かについてお伝えいたします。

無線インターネットのほうがお得?無線と有線の違いやメリット・デメリットについて

無線インターネットとは、モバイルルーターなどを用いて家にWi-Fiを飛ばし、スマホやパソコンなどの端末をインターネットに接続する技術、あるいはそのサービスのことを言います。

逆に有線インターネットは、ご存知のとおり、ケーブルでパソコン等をネット接続するというものです。

まずは無線インターネットのメリット、デメリットについて確認してまいりましょう。

複数の端末を同時接続可能?無線インターネットのメリット

無線インターネットのメリット
無線インターネットのメリットはいくつかありますが、有線と大きく異なっている部分でいうと、複数の端末を同時にネット接続できるということ、これが同サービス最大のメリットだと言えるでしょう。

無線インターネットを使用する場合、専用のルーターを介して、スマートフォンやパソコンをネットに接続することになります。

ケーブルは必要ありませんし、ケーブルを接続するための差込口も必要ありません。Wi-Fiを使用することのできる機器ならインターネットを使うことができます。

有線インターネットだと、せいぜいパソコン数台しかインターネットに繋ぐことができませんが、無線インターネットなら、スマホやパソコン、タブレットなど複数の端末を同時にネットに接続することができるのです。これが両サービスの最も大きな違いだといえます。

さらに無線インターネットの料金は、データ容量無制限で月4千円程度と、有線インターネットの料金とそれほど変わらないのです。無線インターネットのほうが多くの端末をネットに繋ぐことができるぶん、お得だと言えるでしょう。

後述するように、無線インターネットの弱点、デメリットは今ではほとんど解消されていますから、現状、「無線インターネットのほうが圧倒的にお得」と言わなければなりません。無線が有線に負けている部分はほとんどないからです。

ちなみに、無線インターネットではモバイルルーターと呼ばれる、スマホサイズのルーターが使用されることがほとんどです。

モバイルルーターは充電の続く限り稼働するものですから、たとえば家に雷が落ちて停電してしまったとしても、ルーターが無事ならインターネットは使うことができます。

有線インターネットで使用されるコンセント式のルーターは、停電したときには使えません。これも両サービスの大きな違いのひとつだと言えるでしょう。

安定しない?無線インターネットのデメリット

無線インターネットには、一般的に、以下のような弱点があるとされています。

無線インターネットの弱点

①通信速度が遅い
②有線よりも安定性がない
③データ容量に制限がある

しかしこれらの弱点は、現在ではほとんど克服されていると言ってよいでしょう。

今ある無線インターネットの通信速度は、最高で1.2Gbpsと超高速です。実効速度においても、平均20~40Mbps程度の速度の出るサービスがほとんどであり、Youtubeの標準画質動画を見るのに必要な通信速度が1Mbpsですから、速度面には何ら問題がないといえます。

次に安定性について。有線インターネットはケーブルを繋いでいるかぎり、ルーターやパソコンが生きているかぎりは、ネットから切断されることはありません。通信障害が起こったりしない限りは問題なくインターネットを使うことができます。

無線インターネットの場合、ルーターから離れすぎるとネットが切断されてしまうというデメリットはあります。

しかし無線回線は、家の中でならどこでも使えるくらいには広い範囲をカバーしていますし、ルーターの充電が切れたりしない限り、突然ネットが切断されるということはないのです。

昔のルーターにはそういう事象があったかもしれませんが、安定性についても特に問題はないと考えてよいでしょう。

ただし使用環境によっては安定しないケースもありますので、問題なくネットが使えるかどうか、ルーターが届いてから試し、だめそうならクーリングオフ期間中に解約するという方法を採るのが宜しいかと思います。

最後にデータ容量について。これは皆さんもご存知のとおり、現在ではほぼ完全に克服された弱点であるといえます。

WIMAXポケットwifi系のサービスには、データ容量無制限(無制限もしくは月150GBなどの実質無制限)のプランがありますから、それに入会すれば速度制限がかかる心配もなく、好きなだけインターネットを使うことができます。

このように、現在の無線インターネットには弱点、デメリットはほとんどないのです。それで料金が有線のそれと同じくらいなのですから、どちらのほうがお得かはもう言うまでもないでしょう。

わかりやすくて使いやすい?有線インターネットのメリット

有線インターネット
もちろん、有線インターネットが悪いというわけではありません。

無線インターネットと比べてしまうと低い評価をせざるを得ませんが、ケーブルを繋げばネットに接続できるというシンプルさは、有線インターネットのひとつのメリットです。ご高齢の方はもしかすると、有線のほうがわかりやすくて良いかもしれません。

安定性という面では、少なくとも無線インターネットを下回ることはないですし、通信速度も平均的には無線インターネットよりも速いでしょう。

有線インターネットにももちろんメリットはあるわけです。

コスパが悪い?有線インターネットのデメリット

しかし有線インターネットには、無線インターネットに劣る部分が多いことも事実です。たとえば先ほど述べたように、複数の端末を同時に接続できないことが挙げられます。

有線インターネットで接続できるのは基本的にはパソコンだけですし、ひとつのルーターでネットに接続できるパソコンの台数は、せいぜい2、3台でしょう。

ケーブルを接続できないスマホやタブレットをネットに接続することはできず、融通がきかないというのが、有線インターネットの残念な部分です。

その他にも、工事が必要とか、停電時には使えないとか、ケーブルに足を引っかける可能性があるとか、有線インターネットには様々なデメリットがあります。

料金は大体どのサービスでも月4千円程度でしょうか。無線インターネットとそれほど違いません。

上記の理由から、私は有線インターネットよりも、無線インターネットのほうがお得だと考えます。

意外と簡単?無線インターネットの使い方を紹介!

無線インターネットの設定
でもやっぱり、無線インターネットは難しそう。そんな皆さんに向け、ここでは無線インターネットの使い方をご紹介いたします。ぜひチャレンジしてみてください。

ルーターを注文し、充電を行う

無線インターネットサービスに入会すると、「ルーター」が送られてきます。

このルーターでWi-Fiを飛ばすことによって、パソコンやスマホをインターネットに接続することができるようになるのです。

ルーターが手元に届きましたら、まずは充電を行いましょう。充電は専用のクレードル、もしくはケーブルとコンセントでできます。

充電が終わりましたら、ルーターの電源を入れ、インターネット接続を行います。

SSIDとパスワード

Wi-Fi回線にはそれぞれ「名前」があります。たとえば、マクドナルドの無料Wi-Fi回線には「00_MCD-FREE-WIFI」という名前がついています。

このようにWi-Fi回線には、それがどのルーターから発せられているものなのかを識別するための名称が付いており、その名称のことを「SSID」と言います。

皆さんのもとに届くルーターの回線にももちろん名前がついていますので、その名前を説明書などからまずは確認し、覚えてあげましょう。

名前と一緒に、インターネット接続に必要なパスワードも記載されているはずですから、そちらも確認してください。

SSIDがわかりましたら、次はネットに接続したい端末を用意します。スマートフォンが最もわかりやすいかもしれません。スマートフォンの設定画面を開くと、扇状のWi-Fiマークが表示されるはずです。

それを押していただくと、現在接続可能なWi-Fi回線の一覧=Wi-Fi回線の「名前一覧」が表示されます。

その名前一覧の中から、ご自身のルーターのSSIDを見つけてください。おそらく上の方に表示されているはずです。

そのSSIDを押していただくと、パスワード入力画面に切り替わります。そこで、ルーターの説明書にあるパスワードを入力します。

これでインターネットへの接続は完了です。工事や特別な設定は一切必要なく、その日のうちにインターネットが使えるというのも、無線インターネットの魅力ですね。

パソコンやタブレットのネットへの接続方法は、スマホのそれとほとんど同じです。設定画面からインターネットの項目を選択し、Wi-Fiの画面を表示させ、SSIDを選び、パスワードを入力。

これだけでネットへの接続が完了します。

一度接続すればその後は設定不要

一度インターネットに接続すれば、その後は自動でインターネットに接続されるようになります。いちいちパスワードを入力したりする必要はありません。

ルーターの電源が入っている限り、お使いの端末をWi-Fiを検知する設定にしている限り、自動でインターネットに接続がされます。

注意していただきたいのは、特にスマホの場合、Wi-Fiの扇形のマークを誤って押してしまうと、Wi-Fiを検知をしない状態になってしまうということです。

色の付いた状態が「ON」ですので、ネットに繋がらないときはまずその部分を確認してみてください。

無線インターネットと有線インターネットの違いまとめ

無線インターネットと有線インターネットの違いまとめ
以上、無線インターネットと有線インターネットの違い、メリット・デメリットについてお話しいたしました。

有線もそれほど悪いものではないのですが、無線に比べるとデメリットが多く、そのため無線のほうがお得だといえます。

使い方も意外と簡単ですから、これを機にぜひ皆さんも無線インターネットに乗り換えてみてください。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-wi-fiの特徴を把握!

Copyright© WiFiの通信速度やエリアを比較!料金や口コミでおすすめは【WIMAX】 , 2019 All Rights Reserved.