目的別!wifiの選び方

無料0円でWi-Fiが使える!?料金面で超おすすめの最強Wi-Fi3選

投稿日:

安くておすすめなwifi
有線インターネットから無線インターネットへの乗換をご検討中の皆さん。現在、数十種類の無線インターネットサービスがあることをご存知ですか?

内容も料金もサービスごとに違いますから、あとあと後悔したくなければ、しっかりと比較を行うことが大切です。

しかし、自分で数十個ものサービスを比較するのは現実として難しいですよね。

「自分で比較を行う時間がない。入会しても損をしない良質なサービスを教えてほしい」
「とにかくお金の面で損をしないサービスに入会したい。料金の高いのはいや」

そんな皆さんに向け、当記事では料金面で非常にお得な、お金の面で損をしない無線インターネットサービスをご紹介いたします。

WIMAXやポケットwifiなど、あらゆるサービスの中から特に優れたサービスをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

このページでわかる事

絶対に失敗しない!料金面でガチでおすすめのWi-Fi3選

現在、WIMAXやポケットwifiなど、無線インターネットサービスにはたくさんの種類があります。

WIMAXに関しては、各プロバイダが個別にサービスを提供しており、内容も様々で、Wi-Fiに詳しくない方だとどれが良いのか迷ってしまうような、混乱してしまうような状況です。

その中で、少なくとも料金の面では他サービスよりも優れていると言えるのは、以下の3サービスとなります。

①ブロードWIMAX
②どんなときもWiFi
③カシモWIMAX

これらのサービスのうちいずれかに入会しておけば、少なくとも料金面で損をすることはありません。オプションやサポートも豊富で、サービス内容も素晴らしいものとなっています。

ここでは各サービスの料金やメリット、口コミなどをひとつひとつ紹介してまいります。

(1)バランス型で超おすすめ!ブロードWIMAXの料金や特徴、口コミ評判

Broad wimax

 

ブロードWIMAXは、ひとことで言えばバランス型のサービスです。料金はもちろん安く、サポートやオプションも充実しています。

まずは同サービスの特徴やメリットを確認してまいりましょう。

ブロードWIMAXの特徴
料金 月額2,726円~4,011円
初期費用 Web申込&クレジットカード決済で無料
容量 7GB or 無制限
速度 下り最大1.2Gbps(機種による)

ブロードWIMAXを利用するメリット

①データ容量無制限プランが月額2,726円から使える。業界トップクラスのコスパ
②Web申込&クレジットカード決済で初期費用0円。最新ルーターも無料で手に入る
③各種オプションも充実。無料修理サポートや端末購入オプションも
④最新ルーターの下り最大速度は1.2Gbpsと超高速。実効速度も申し分なし
⑤ネット申し込みをすればau回線を用いた接続、LTEも無料。繋がりやすい

以上がブロードWIMAXの特徴、メリットとなります。ブロードWIMAXは王道ともいうべきサービスで、利用者の求めるものがすべて揃っている、でも料金は安いというのが特徴です。

それでは各メリットについてもう少し詳しく見ていきましょう。

①データ容量無制限プランが月額2,726円から使える。業界トップクラスのコスパ

ブロードWIMAXには、月間のデータ容量が無制限になる「ギガ放題プラン」と、月間のデータ容量が7GBに制限される「ライトプラン」の2種類があります。

各プランの料金は以下の通りです。

ギガ放題プラン ライトプラン
1~2ヶ月目 月額2,726円 月額2,726円
3~24ヶ月目 月額3,411円
25ヶ月目以降 月額4,011円 月額3,326円

料金だけ見ればライトプランのほうが安いのですが、それに700円ほどプラスすれば月間のデータ容量が無制限となりますので、個人的にはギガ放題プランをおすすめしたいと思います。

月々最大4,000円程度でデータ容量無制限であるというのは、業界トップクラスのコスパです。

たとえば、Y-mobileが提供するポケットwifiの料金は、データ容量無制限プランだと月額4,380円です。初月からその料金となりますから、少なくとも料金面ではブロードWIMAXのほうが圧倒的にお得ということになります。

後述するように、ブロードWIMAXは通信速度も非常に速いです。データ容量無制限で料金は月々4,000円程度、通信速度も業界トップクラスに安いというのが同サービス最大の魅力、メリットだと言えるでしょう。

②Web申込&クレジットカード決済で初期費用0円。最新ルーターも無料で手に入る

WEB割 初期費用0円
さらにすごいのは、ブロードWIMAXは基本的に「初期費用0円」であるということ。

本来ブロードWIMAXに入会する際には、合計18,857円の初期費用がかかります。これにはルーター本体の代金や手数料が含まれているのですが、以下の条件を満たせば、その初期費用が完全無料となるのです。

初期費用0円の条件

ブロードWIMAXのWebサイトから申し込みを行う。電話不可
料金の支払い方法をクレジットカード決済にする

これだけで初期費用が0円になります。他のサービスだと、事務手数料やルーター本体の代金がかかることも多いです。

ブロードWIMAXは月々の料金が安いだけでなく、初期費用が0円であるという点で、他のサービスとは一線を画するものだと言えるでしょう。

長期的に見ても、一般的な無線インターネットサービスを使用した場合より確実に出費は少ないです。

料金面で失敗したくない、損をしたくないという方は、ブロードWIMAXもしくは後に紹介する2サービスのいずれかに入会するのがよいでしょう。

③各種オプションも充実。無料修理サポートや端末購入オプションも

ブロードWIMAXは、オプションも充実しています。

たとえば、ルーターが故障したときに無料で修理をしてくれる「安心サポートプラス(月額550円)」や、パソコンやスマートフォンなどを格安で、分割払いで購入できる「人気アイテムお得セット(月額800円or3,000円)」などが用意されています。

特に注目していただきたいのは、パソコンやスマートフォンを購入できるお得セットですね。パソコンを選択した場合には月額3,000円でHP15が、スマホを選択した場合には月額800円でHUAWAIのMediaPad T3 7が手に入ります。

この月額料金はレンタル料ではなく、その端末の購入代金となっていて、24ヶ月後にちょうど支払いが終わるようになっているのです。

ブロードWIMAXはいわゆる「2年縛り」のあるサービスなのですが、2年後の更新月にちょうど支払いが終わるようになっていますので、ここで購入したパソコンやスマホを持って別サービスに移動することも可能ですし、もちろん再度2年間の契約を行うことも可能です。

ルーター本体とは別にパソコンやスマホがセットで手に入るというのも同サービスの魅力となっております。

④最新ルーターの下り最大速度は1.2Gbpsと超高速。実効速度も申し分なし

下り最大速度
ブロードWIMAXでは複数のWi-Fiルーターが提供されていますが、その中で最も通信速度が速いのはW06という機種となります。

W06はWシリーズの最新作で、その通信速度は下り最大1.2Gbps。本体のサイズはスマホ程度で、ポケットに入れて持ち歩くことも可能です。

ブロードWIMAXに入会するならW06がおすすめですね。もちろん本体代金は0円です。

ちなみに、1.2Gbpsという通信速度はあくまで理論値であり、実際にそれだけの速度が出るわけではありません。

実際の通信速度のことを実効速度と言いますが、ブロードWIMAXの実効速度は平均20Mbps前後とされています。

ただし、利用環境によってはこれよりも大幅に速くなったり、遅くなったりすることもあるため、その点には注意が必要です。

場所や時間帯によっては100Mbpsほどの速度が出ることもありますし、10Mbps未満に速度が落ちてしまうこともあります。

しかし、WIMAXが「ネットを使うことができないくらいに遅くなる」ということはまずありませんので、通信速度についてはそれほど心配する必要はないでしょう。

⑤ネット申し込みをすればau回線を用いた接続、LTEも無料。繋がりやすい

LTEとは、スマホ回線を使用した通信のことです。スマートフォン、携帯電話はとにかく「繋がる」ということが大切で、現在では「繋がらない地域」はかなり少なくなっています。

そのスマートフォン、携帯電話の回線を使用してネットに接続をすることもできるため、ブロードWIMAXは「ネットに繋がりやすいサービス」だとも言えるでしょう。

もしWIMAX回線が繋がらない、安定しないとなっても、ブロードWIMAXならボタン一つでモードを切り替えて、auのスマホ回線を使って通信を行うことができるため、出張や旅行の際にも安心です。2つの通信回線を駆使してネット接続を試みることができます。

このLTEの使用には本来、月1,004円のオプション利用料がかかるのですが、ブロードWIMAXでは現在、そのオプション利用料が無料となっています。

ただし、ブロードWIMAXには直近3日で10GB使用で速度制限がかかるというルールがあり、LTEについてもその対象なっていますので、その点にはご注意ください。

ブロードWIMAXの口コミ評判を調べてみた!

それではここでブロードWIMAXの口コミをご紹介いたします。

速度制限を気にすることなく使えるwi-fiを探していました。ブロードWIMAXはWIMAX系のサービスの中でもサポートやオプションが充実しているし、初期費用がかからないのもいいですね。最新のルーターが0円で手に入るのはかなり大きい。通信速度も申し分なく、快適にネットを使えています。 20代男性
一人暮らしを始めるのを機にブロードWIMAXに入会しました。ケーブルが要らないので部屋がすっきりした感じになります。持ち運びができたり、繋がりにくいときにはLTEを使えたりするのも高評価ポイントです。入会時にパソコンをセットで購入できるのも良いなと思いました。一人暮らしを始める人には本当におすすめのサービスです。 20代女性

以上、ブロードWIMAXの口コミをご紹介いたしました。料金が安く、それでいて内容の充実したサービスであるだけに、批判的な声は少なかったです。

ブロードWIMAXにしておけばあとあと後悔するようなことはないでしょう。迷っているのならブロードWIMAXに入会するのが無難です。

(2)繋がりやすさは業界一?どんなときもWiFiの特徴や料金、口コミ評判

どんなときもWiFi

 

続いてはYoutube広告の「無敵のどんファイ」でおなじみ、どんなときもWiFiの特徴やメリット、口コミ評判などをご紹介いたします。

このサービスの売りは文字通り、いつどんなところでもWi-Fiを使えるということ。その繋がりやすさは業界トップクラスだと言っても過言ではありません。

まずは特徴やメリットをざっくりと確認してみましょう。

どんなときもWiFiの特徴
料金 月額3,480円(海外利用は別料金)
初期費用 3,000円
容量 無制限
速度 下り最大150Mbps

どんなときもWiFiを利用するメリット

①3つのスマホ回線を使用するトリプルキャリアネットワークで繋がりやすさ抜群
②データ容量は無制限。好きなだけインターネットを楽しめる
③ルーター本体は無料レンタルで、端末購入費用がかからない
④ルーターはそのまま海外へ持ち出して使用することも可能。旅行のお供に最適
⑤サポートオプション「あんしん補償」に加入しておけば端末故障時には無料交換

以上がどんなときもWiFiの特徴、メリットとなります。

LTE系の無線インターネットサービスとしては業界一優れたサービスだと言っても過言ではありません。少なくとも料金面で損をすることはないでしょう。

それでは各メリットについてひとつひとつ解説してまいります。

①3つのスマホ回線を使用するトリプルキャリアネットワークで繋がりやすさ抜群

トリプルキャリアネットワーク
どんなときもWiFiは、いわゆる「LTE系」の無線インターネットサービスです。

WIMAXとは使用する回線が異なり、同サービスはauやドコモ、ソフトバンクなどのスマートフォンの通信回線を用いてネット接続を行うものとなっています。

普通のLTE系無線インターネットサービスはau、ドコモ、ソフトバンクのうちいずれかひとつの通信回線を使用していることが多いのですが、どんなときもWiFiは、その3キャリアすべての通信回線を使用します。

この通信方式のことを同サービスは「トリプルキャリアネットワーク」と表現しており、日本国内はもちろん、海外でも繋がりやすく、いつでもどこでもネットを使えるというのがこのサービスのメリットです。

スマホ回線のメリットはもともと「繋がりやすい」ということ。携帯電話、スマートフォンはいつ、どこででも使うことができなければ意味のないものですよね。

携帯する意味がなくなってしまうわけですから、各ケータイ会社は通信可能地域の拡大に努め、繋がらない地域を極力減らそうと努力してきました。

それらケータイ会社の通信回線をすべて駆使してネット接続を行うことができる、他のどんなサービスよりも「繋がりやすい」というのは、どんなときもWiFiのメリットです。

ちなみに、どんなときもWiFiは状況に応じて自動で通信回線を変更してくれるため、いちいち手動で通信回線を変更する必要はありません。

通信速度や通信の安定性などから、その土地で最も快適に使える通信回線を自動で選んでくれるのです。

3つのスマホ回線を使用できること、自動で通信回線が切り替わること、これらがどんなときもWiFiの大きな魅力であり、他のLTE系無線インターネットサービスとの違いです。

それでいて料金は安いのですから、文句のつけようがありません。

②データ容量は無制限。好きなだけインターネットを楽しめる

データ容量無制限
どんなときもWiFiのデータ容量は「完全無制限」となっています。月に30GB使おうと、50GB使おうと、あるいは100GB使おうと、速度制限はかかりません。

WIMAX系のサービスにある「直近3日で10GB使用で速度制限」といった制約もないのです。動画を見たり、アプリをダウンロードしたりと、好きなだけインターネットを楽しめます。

無線インターネットサービスにはデータ容量無制限のものが多いのですが、そのほとんどが「直近3日で10GB」「1日3GB」などといった制限を設けています。

つまり、それらのサービスは実質的にはデータ容量無制限ではないということです。1ヶ月当たり90GB~100GB使用可能のプランだと考えたほうがよいでしょう。

それに対しどんなときもWiFiにはそのような制限がありませんから、このサービスのデータ容量は本当の意味で無制限であるといえます。

端末を同時に5台までネットに接続できるので、家のパソコンやスマートフォン、タブレットなどをいっぺんにネットに接続することができます。

家族全員が各部屋で、それぞれ好きなだけインターネットを楽しむ、ということも可能なのです。

ただし、どんなときもWiFiにおいても、速度制限がかかってしまうケースはあります。

それは、1日に100GB、200GBの「ダウンロード」を行ったとき、違法ダウンロードが疑われるときです。その場合にのみ速度制限がかかる可能性があります。VODなどで動画をダウンロードする際には、通信量に十分ご注意ください。

しかし勘違いしていただきたくないのは、速度制限の対象はあくまで「(違法)ダウンロード」だということです。

たとえば、動画視聴で1日に100GB使っても、それは速度制限の対象にはなりません。Youtubeの高画質動画を24時間再生し続けても速度制限はかかりません。

サイズの大きなデータを大量にダウンロードし、それが違法ダウンロードの可能性がある場合にのみ速度制限がかかります。

それ以外の使い方では速度制限はかかりませんので、その点はご安心いただきたいと思います。

③ルーター本体は無料レンタルで、端末購入費用がかからない

ルーター無料レンタル
どんなときもWiFiは今ではちょっと珍しい「ルーターレンタル式」のサービスです。

 

Wi-Fiルーターを同社から借り受けて、それを使ってインターネット接続を行うという形のサービスとなっています。

レンタルですから当然ルーター購入費用はかかりませんし、レンタル料金は無料となっています。ルーター本体に関しては一切お金がかかりません。

普通、レンタル式の無線インターネットサービスを利用した場合には、毎月ルーターのレンタル料を支払わなければなりません。金額はまちまちですが月500円~1,000円程度であることが多いです。

もし仮にレンタル料が月1,000円だったとすると、1年の総支払額は12,000円+利用料金となります。1年単位で見ると結構な額ですよね。

どんなときもWiFiはルーターレンタル料が0円ですので、月1,000円のサービスと比べると、1年で12,000円もの差が出てきます。

浮いたお金で何か美味しいものを食べたり、タブレットやゲームハードを購入したりと色々なことができますよね。この意味でも、どんなときもWiFiは料金的には損をしないサービスだと言えるのです。

他のLTE系サービスへの入会を考えている方は、ぜひ一度そのサービスのデータ容量やルーターレンタル料などを確認してみてください。

私の知るかぎり、コスパ、料金の安さにおいて、どんなときもWiFiよりも優れているサービスは他にはありません。

失敗したくないのならどんなときもWiFiに入会したほうがよいでしょう。

④ルーターはそのまま海外へ持ち出して使用することも可能。旅行のお供に最適

海外利用OK
さらにどんなときもWiFiは、そのまま海外に持ち出して使うこともできるサービスです。

海外旅行や出張の際にインターネットを使いたいと思えば、現地でインターネットを契約するか、海外向けの無線インターネットサービスを契約しなければなりません。

普通のWi-Fiルーターは海外使用に対応していないため、別途海外用ルーター&SIMカードの契約が必要となることがほとんどです。

しかしどんなときもWiFiなら、ルーターを海外に持って行って、そのまま使用することができます。申込等は特に必要ありません。

日本国内はもちろん、日本国外でもWi-Fiを使えるというのが同サービスの大きな魅力のひとつなのです。

ただし、海外利用には通常料金とは別に海外利用料が発生しますので、その点にはご注意ください。

料金は以下の通りです。

海外利用料金

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米
日額1,280円
中東・南米・アフリカ
日額1,880円

この料金には盗難・紛失時の保険料も含まれていますから、万が一海外でルーターを盗まれてしまったりなくしてしまったりしても、ルーターを弁償する必要はありません。

直ちに新しいルーターが送られてきますから、その後もWi-Fiを使用することが可能です。

とはいえ、この料金は決して安いものではありませんから、使い過ぎには要注意です。現地の無料Wi-Fiスポットなどをうまく使って、通信料を節約したいところですね。

⑤サポートオプション「あんしん補償」に加入しておけば端末故障時には無料交換

海外利用料には保険料も含まれていますが、日本国内で同サービスを利用する場合の通常料金には保険料が含まれていません。そのため、故障してしまったときには、有償(18,000円)でルーター交換をする必要があります。

どんなものでも、大切に使っていても故障してしまうということはあります。

外に持ち出して使ったときに、手が滑って落としてしまう、壊してしまうということもあるでしょう。そのたびに18,000円もの交換代を支払うのはちょっと厳しいものがありますよね。

そんな皆さんのために、どんなときもWiFiには「あんしん補償(月額400円)」というサポートオプションが用意されています。

このオプションをつけておけば、ルーター本体を落としたり、水没させたりしてしまったときにも、無料で端末を交換してもらえるのです。本体を弁償する必要はありません。これなら安心して外に持ち出すことができますね。

ただし、落下や水没による全損の場合には、中古ルーターとの交換となりますのでご注意ください。

中古のルーターは性能的には新品のそれと変わりませんが、やや寿命が短い可能性があります。その部分が気にならなければ特に問題はないでしょう。

逆に、落下や水没でない自然故障の場合には、新品ルーターとの交換が可能となっています。どんなときもWiFiに入会するのなら、このあんしん補償をつけておいたほうが無難でしょう。

どんなときもWiFiの口コミ評判を調べてみた!

それではここでどんなときもWiFiの口コミ評判をご紹介したいと思います。このサービスに入会した方は果たして満足できたのでしょうか?

口コミサイトに投稿されていたものをいくつかご紹介いたします。

Youtubeの広告を見て入会しました。私はかなり田舎のほうに住んでいるのですが、問題なく使えています。通信速度も平均20Mbps弱くらいは出ますし、持ち運びもできて便利。車の中でスマホでラジオを聴いたり、仕事の休憩中に動画を見たりするのに使っています。データ容量無制限なのもいいですね。正直これがあれば有線インターネットは要らないと思いました。 20代男性
有線インターネットをやめてどんなときもWiFiに乗り換えました。私は仕事柄海外に行くことも多いので、海外でもそのまま使えるどんなときもWiFiはとても便利だと感じます。料金も安いし、レンタル料は0円で、コスパはものすごく良いと思います。おすすめです。 30代女性

以上、どんなときもWiFiの口コミ評判をご紹介いたしました。全体的に高評価の口コミが多かったです。

通信品質が高く、繋がりやすい、それでいて料金は安い。ルーター本体は0円。LTE系のサービスとしては最高峰のクオリティを誇るといえるでしょう。

あとはブロードWIMAXなど、他の良質なサービスと比べてどうかというところです。予算やWi-Fiの使用頻度、1日当たりのデータ使用量など、現在の皆さんの状況に合わせて、最適のサービスをお選びいただければと思います。

(3)料金の安さが魅力?カシモWIMAXの料金や特徴、口コミ評判

カシモWiMAX

 

最後はカシモWIMAXをご紹介いたします。このサービスの魅力は、何といっても料金の安さです。入会してから数ヶ月は非常に料金が安いため、学生やアルバイトの方でも始めやすいというメリットがあります。

まずは同サービスの特徴とメリットを確認してまいりましょう。

カシモWIMAXの特徴
料金 月額1,380円~4,079円
初期費用 3,000円
容量 7GB or 無制限
速度 下り最大1.2Gbps

カシモWIMAXを利用するメリット

①初月無料&1ヶ月目目の料金が1,380円と安く、始めやすい
②端末代金無料キャンペーン中。最新のルーターが0円で手に入る
③ブロードWIMAXと同じくデータ容量無制限。好きなだけネットが楽しめる
④故障時に無料で修理対応をしてもらえる「安心サポートオプション」が月額300円と安い

以上がカシモWIMAXの特徴、メリットとなります。このサービスはWIMAX回線を使用しているため、通信品質やデータ容量に関しては、ブロードWIMAXをはじめとする他社WIMAXサービスとまったく同じです。

カシモWIMAX独自のメリット、他社との明確な違いといえば、入会後1~2ヶ月の料金が安いことと、サポートオプションを月額300円でつけられることでしょう。

それでは各メリットについて、ひとつひとつ解説してまいります。

①初月無料&1ヶ月目目の料金が1,380円と安く、始めやすい

カシモWIMAXのメリットのひとつは、入会直後の料金が安く、始めやすいということです。

最終的には他のWIMAXと同程度の料金にはなってしまうのですが、初期の料金が安いぶん、支払額のトータルは安く済ませられます。

とにかく料金が安いほうがいい、できるだけお金をかけたくないという方にはおすすめのサービスです。

それでは、具体的にカシモWIMAXの各プランの料金はどのようになっているのか、確認してみましょう。

最安級カシモWiMAX2+ギガ放題プラン(データ容量無制限) 最安級カシモWiMAX2+ライトプラン(月間7GB) 新端末カシモWiMAX2+ギガ放題プラン(データ容量無制限) 新端末カシモWiMAX2+ライトプラン(データ容量無制限)
初月(入会月) 0円 0円 1,380円 1,380円
1ヶ月目 月額1,380円 月額1,380円 月額1,380円 月額1,380円
2~24ヶ月目 月額3,480円 月額2,880円 月額3,580円 月額2,980円
25ヶ月目以降 月額4.079円 月額3.379円 月額4.079円 月額3.379円

※最安級プランで取得可能なルーターは一世代前のものとなります。

このように、カシモWIMAXの料金は初月(入会月)が無料もしくは1,380円で、翌月の料金も1,380円と、非常に安くなっています。

最終的には月額最大4,079円と、他社サービスと同じくらいの金額にはなってしまいますが、トータルで見れば若干こちらのほうが安いです。

少なくとも料金面で損をすることはありませんので、今回料金面でおすすめのサービスとして紹介させていただきました。

ギガ放題プランに入会すれば、もちろん月間のデータ容量は無制限です(3日で10GBの制限はあります)。

ネットをたくさん使えて、それなのに料金は1,380円と非常に安くなっていることが、同サービスを利用する第一のメリットです。

②端末代金無料キャンペーン中!最新のルーターが0円で手に入る

端末代金無料キャンペーン
カシモWIMAXでは現在、最新のWi-Fiルーターが無料となるキャンペーンが開催されています。

最新のWi-Fiルーターを取得できるのは「新端末プラン」になりますので、それについては注意していただくとして、ではどのようなルーターが無料で取得できるのかというと、ブロードWIMAXの項でも触れたW06や、WX05、HOME L02といった機種となります。

上記のルーターはすべて最新機種であり、どれを選んでも快適にインターネットを使うことが可能です。

HOMEタイプに関しては据え置き型のもので持ち運びができませんが、WシリーズとWXシリーズについては、スマホサイズなので容易に持ち運ぶことができます。

これだけルーターの種類が多いと、「どれにすればいいんだ?」と迷ってしまう方もいらっしゃるでしょう。ですのでここでは、一応W06をおすすめしておきたいと思います。

W06は先述の通り最大速度が1.2Gbpsと超高速ですので、これを選んでおけば失敗することはまずありません。

特にルーターにこだわりがないのなら、W06を選択しましょう。

③ブロードWIMAXと同じくデータ容量無制限。好きなだけネットが楽しめる

カシモWIMAXのギガ放題プランは、データ容量無制限となっています。この部分はカシモWIMAXのメリットというより、WIMAX系サービス全体のメリットです。

ブロードWIMAXを含め、現在「WIMAX」と名の付くサービスはざっと数えるだけでも20個ほどは存在し、そのほぼすべてがデータ容量無制限のプランを提供しているのです。

なぜこれほどまでにWIMAXサービスが多いのかというと、要は暖簾分けのような形で、WIMAXの大元のUQが、各プロバイダにWIMAXを使用したサービスの提供を許可しているからです。

WIMAXと名の付くサービスのほとんどが同じサービスを提供していて、かつ料金設定も非常に似通っており、明確に違うのはオプションやサポート内容だけとなっているのが現状です。

料金について言えば、どのサービスも最終的には4,000円程度に落ち着くため、WIMAX系サービスの料金は基本的にはどこも同じで変わらないと言えますが、カシモWIMAXやブロードWIMAXのように、24ヶ月目までの料金を少しばかり安くしているサービスもあります。

また、月額料金とは別にルーター本体が有料とされているサービス、初期費用のかかるサービスもありますし、逆に初期費用がかからないサービスもあるのです。

当記事で紹介したブロードWIMAXとカシモWIMAXは、初期費用がかからないタイプのサービスであり、料金も24ヶ月目までは若干安くなっています。

サービス内容が同じなら、少しでも料金の安いサービスに入会したいところですよね。データ容量無制限で、かつ料金的に損のないWIMAX系サービスをお探しなら、ブロードWIMAXやカシモWIMAXがおすすめです。

④故障時に無料で修理対応をしてもらえる「安心サポートオプション」が月額300円と安い

安心サポートオプション
最後にカシモWIMAXのオプションについて。

どのサービスにも故障時の交換・修理に応じてもらえるオプションはありますが、カシモWIMAXの「安心サポートオプション」は、月額300円と安価です。

他サービスのオプションと比べると、月にわずか数百円の違いしかありませんが、1年、2年と長期スパンで見ると、差額は結構なものとなります。1年で2,000円~3,000円程度は違うでしょう。料金1ヶ月分くらいは違ってくるわけですから、わりと大きいですよね。

ただしこの安心サポートオプションは、どんなときもWiFiの補償とは違い、水没や落下故障、紛失などは対象となりません。あくまで自然故障のみが保証対象となります。

特に何もしていないのに突然ルーターが使えなくなってしまった、電源が点かなくなってしまった、そういう場合には無料で修理をしてもらえるということです。

カシモWIMAXで提供されているのは新品かつ最新のルーターですし、自然に故障してしまうということはめったにないと思いますが、万が一故障してしまったとき、サポートオプションに加入していなければ、新しいルーターを購入しなければなりません。

ルーターは決して安いものではないですから、カシモWIMAXに入会するのなら、このオプションはつけておいたほうがよいでしょう。

カシモWIMAXの口コミ評判を調べてみた!

ではここで、カシモWIMAXの口コミをご紹介したいと思います。口コミサイトに投稿されていたものを2つ、ピックアップしてみました。

料金が安かったのでカシモWIMAXにしました。通信速度はかなり速いです。自分の環境だと平均20Mbpsくらいは出るかな。混雑しない時間帯だと40Mbpsほど出ることもあります。これでデータ容量無制限は本当にお得。有線インターネットとは違って外にも持ち出せるし、とても便利です。無線インターネット契約するならカシモWIMAXがおすすめ。 30代男性
カシモWIMAXのユーザーです。料金が安いのと、初期費用がかからないのがメリットだと思います。他にも似たようなサービスは色々とありますけど、カシモWIMAXは少なくとも料金面ではかなりお得なサービスではないでしょうか。通信速度も充分で、満足しています。 20代女性

以上、カシモWIMAXの口コミ評判をご紹介いたしました。全体的に高評価が多く、中でも料金の安さについての内容が多かったです。

カシモWIMAXは少なくとも料金面で損をすることのない、お得なサービスですので、あとはブロードWIMAXやどんなときもWiFiと比べてどうかというところですね。

料金が安いwifiまとめ

料金が安いwifiまとめ
いかがでしたでしょうか。今回は料金面でお得なサービスをご紹介いたしましたが、サービス内容も充分に優れていることがお分かりいただけたのではないかと思います。

現在、WIMAXやLTE系の無線インターネットサービスはたくさんありますが、当記事で紹介した3サービスのいずれかに入会していただければ、主に金銭面で確実に得をします。

それでは最後に、各サービスの特徴をおさらいしておきましょう。

ブロードWIMAXの特徴 どんなときもWiFiの特徴 カシモWIMAXの特徴
料金 月額2,726円~4,011円 月額3,480円(海外利用は別料金) 月額1,380円~4,079円
初期費用 Web申込&クレジットカード決済で無料 3,000円 3,000円
容量 7GB or 無制限 無制限 7GB or 無制限
速度 下り最大1.2Gbps(機種による) 下り最大150Mbps 下り最大1.2Gbp(機種による)

皆さんもぜひこれらの無線インターネットサービスに入会して、いつでもどこでも快適なインターネットを、好きなだけ楽しんでみてくださいね。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-目的別!wifiの選び方

Copyright© WiFiの通信速度やエリアを比較!料金や口コミでおすすめは【WIMAX】 , 2019 All Rights Reserved.