おすすめのwi-fi厳選!

業界最安の民泊用Wi-Fi【SPACE WiFi】の評判や料金、通信速度などご紹介!

投稿日:

SPACE WiFi 民泊
民泊用Wi-Fiとは、民泊を運営する個人、企業向けに提供されている無線インターネットサービスのことです。

宿泊客が自由にWi-Fiを使える快適な空間を提供するのにぴったりのサービスとなっています。

「ウチには宿泊客用のインターネットが無いから早急に導入したい」
「でもあまりお金はかけたくないし、解約時に違約金等が発生するのは嫌」

そんな皆さんにおすすめなのが、最強の民泊用Wi-Fi「SPACE WiFi」です。

SPACE WiFiは初期費用0円、月間通信量無制限、解約金0円で今すぐ始められる無線インターネットサービスとなっています。

宿泊客用として提供できるのはもちろん、顧客のいない期間にはそのまま家庭用としても使うことができ、非常に効率的です。

当記事ではSPACE WiFiの特徴や料金、メリットや口コミをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

業界最安の民泊用Wi-Fi?SPACE WiFiの特徴やメリットを徹底解剖

SPACE WiFiは、間違いなく業界トップクラスのコスパを誇る無線インターネットサービスです。

それもそのはず、同サービスは「民泊 wifi」と検索して上位10件に出てくる無線インターネットサービスよりも、2年間の総費用が安いことを保証しています。

それはつまり、今後SPACE WiFiよりも安いサービスが出てくれば、そのぶん値下げをするということ。その意味で同サービスは「最強」と言うことができるのです。

まずはSPACE WiFiの特徴、基本情報をざっくりと確認してみましょう。

SPACE WiFi
初期費用 0円
端末代金 0円(レンタル式)
月額料金 3,680円
解約金 0円
データ容量 基本無制限
通信速度 下り最速440Mbps
特徴 契約期間の縛りなし、端末補償オプション有り、ルーターは小型で持ち運び可

この基本情報を見るだけでも、SPACE WiFiがいかにコスパの良いサービスであるかがお分かりいただけるでしょう。

ここからはSPACE WiFiのメリットについてひとつひとつ解説してまいります。

メリット①:初期費用が一切かからず、端末代金も無料

初期費用不要
SPACE WiFiのメリットのひとつめは、初期費用が一切かからず、端末代金も無料であるということです。

一般的な無線インターネットサービスでは、入会時に「端末購入費用」「事務手数料」などがかかることがほとんど。最新の機種を購入するとなれば、出費は4万、5万とかさんできます。

その点、SPACE WiFiは初期費用が完全無料となっているため、気軽に始められるサービスとなっています。

契約の申し込みをするとご自宅にWi-Fiルーターが届きますので、あとは月額料金とオプション料金(任意加入保険の料金)の支払いを行っていけばOK。それ以外に費用は一切かかりません。

ちなみにSPACE WiFiは、いわゆる「レンタル方式」のサービスとなっています。

ルーターを購入するのではなく、レンタルすることになりますので、解約時にはこれを返却しなければなりません。その際にルーター本体に故障などが見つかった場合には、当然弁償をしなければなりません。

SPACE WiFiに入会するなら、後述の任意保険に加入しておいたほうがよいでしょう。

メリット②:月額料金が他のサービスよりも安い

SPACE WiFi A社 B社 C社
月額料金 3,680円 3,980円
最大2ヶ月2,480円
3,480円 4,500円
契約事務手数料 0円 3,000円 4,000円 4,500円
解約事務手数料 0円 5,000円 3,000円 0円
端末代金 0円 0円 0円 0円
初回配送料 0円 1,000円 0円 0円

続いては月額料金について。SPACE WiFiの料金は月額3,680円と安いです。

たとえば、各プロバイダが提供しているWIMAXの場合、入会から2年間は割引が適用されるものの、3年目以降の料金は4,000円を超えます。

さらにWIMAX系サービスはルーターが買い取り式となっていることが多く、入会から2年間の月額料金の割引は、初期費用で相殺されてしまうケースもあるのです。

それに対しSPACE WiFiは、初期費用が0円であるのに加え、月額料金は3,680円固定となっています。

3年使っても、6年使っても料金は変わりませんし、同サービスは業界最安クラスの料金を保証していますので、SPACE WiFiよりも料金の安いサービスが出てきたときにはむしろ月額料金が値引きされる可能性が高いです。

長く使えば使うほど料金が安くなるサービスだと言うこともできます。

このようにSPACE WiFiは、リーズナブルでコスパの良いサービスなのです。民泊用Wi-Fiの導入を検討しているのなら、SPACE WiFiへの加入をまず真っ先に考えるべきでしょう。

メリット③:WIMAX回線とスマホ回線の好きな方を選べる

無線インターネットサービスには、大きく分けて2つあります。ひとつは、WIMAX回線と呼ばれる独自の回線を使用するWIMAX系サービス、もうひとつは、スマートフォン用の回線を使用するLTE系サービスです。

これらはどう違っているのかというと、通信速度や繋がりやすさに差があります。

WIMAX系サービスは通信速度が速く、利用環境によるものの下り平均20~40Mbps程度の速度が出ます。

Youtubeの高画質動画を見るのに必要な通信速度は3~5Mbpsと言われていますが、その4~6倍もの速度が平均で出るのです。

また、WIMAX回線の使用者はWIMAX契約者のみであるため、スマホよりも回線が混雑しにくいという特徴もあります。

昼時や夕方など、通信の混雑する時間帯にも快適にインターネットを使うことができるというのがWIMAXの特徴です。

他方、LTE系のサービスはスマートフォン=携帯電話の回線を使用してネット接続を行うものであるため、日本全国どこでも繋がりやすい、サービスによっては海外でも使えるというメリットを有しています。

4G通信が主流となった現在では通信速度もかなり速く、下り平均10~30Mbps程度は出るため、WIMAXほど高速ではないものの、速度に関して不満を感じることはおそらくないでしょう。

このようにWIMAXとLTE系サービスにはそれぞれ特長があるわけですが、SPACE WiFiではこの2つのサービスの中から好きな方を選ぶことができます。

WIMAX用のルーターを注文すればWIMAX回線に、LTE通信用(ポケットwifi)のルーターを注文すればスマホ回線に自動的になりますので、それぞれの長所を把握したうえで、皆さんの居住環境にぴったりな方をお選びいただければと思います。

基本的に都市部ならWIMAX、地方で電波が悪いことが予想される場合にはLTEを選択されるとよいでしょう。

なお、どちらを選択した場合にも月額料金は変わりませんし、初期費用も0円です。

メリット④:データ容量が基本無制限

SPACE WiFiの月間データ容量は無制限となっています。月に20GB、30GB、40GBと使っても速度制限はかかりません。

宿泊客の中には、家族と連絡を取り合ったり、眠る前にYoutubeで動画を見たり、あるいは翌日に行く観光スポットを調べたりする人も多いでしょう。

SPACE WiFiなら基本的には速度制限がかかりませんので、民泊用のWi-Fiとしては最適です。

ちなみに、私たちが普段の生活でどれくらいのデータ容量を使っているのかというと、たまにラインをしたりSNSをチェックすするくらいなら、月3GBにも届きません。Youtubeで毎日動画を見たとしても20GB~30GB程度でしょう。

一般的なスマートフォンのデータ容量が月間20GB~30GB程度ですので、スマホを使用していて一度も速度制限のかかったことのない人からすれば、データ容量無制限というのは途方もなく膨大な通信量だと言えます。

ただし、ひとつ注意していただきたいことがありまして、それは数日単位で大容量の通信を行った場合には短期間の速度制限がかかるケースがあるということです。

WIMAXルーターの場合、直近3日で10GBの通信を行うと、最大6時間程度の速度制限がかかります。LTEルーターの場合は1日3GBの通信を行うと、その当日中速度制限がかかります。

3日で10GB、あるいは1日で3GBもの通信を行うというのは難しいことですが、宿泊者が多い場合には、この上限に到達してしまう可能性もあります。

後のトラブルを避けるため、宿泊客に対してはこの通信制限についてあらかじめ伝えておいたほうがよいでしょう。

動画やアプリのダウンロードは極力控えるよう、協力をお願いしておいたほうが良いかもしれません。

メリット⑤:持ち運びが簡単!引越し先でももちろん使える

スペースwifi ルーター
メリットの5つ目は、ルーターの持ち運びが簡単であるということ。

有線インターネットのルーターは結構大きく、分厚い単行本くらいの幅、大きさがありますが、SPACE WiFiで提供されているルーターはいずれもスマホサイズで、ポケットに入るくらいの大きさです。そのため持ち運びが簡単で、外に持ち出して使うこともできます。

たとえば民泊用に新たに部屋を契約したり、もっと広い部屋に引っ越したりする場合にも苦労しません。

ポケットに入れて簡単に現地へ運ぶことができます。住所変更の届出はする必要がありますが、それ以外には特に手続きは必要なく、レンタル中のルーターはそのまま使うことが可能です。

民泊施設内のインターネット接続方法として顧客に回線を貸し与えることはもちろん、自分の旅行や出張のお供にもなる優れたサービスとなっております。

メリット⑥:端末補償オプションに加入すれば万が一の時にも安心

端末補償オプション
SPACE WiFiは、ルーターレンタル式のサービスです。そのため、ルーター本体を壊してしまったり、紛失してしまったりした場合には弁償をしなければなりません。

その際にかかる費用は4万円と結構な額。しかし2年、3年と使用していれば故障や紛失のリスクも高くなりますし、あらかじめ対策をしておきたいところですよね。

そんな利用者の不安を解消してくれるのが、同サービスに用意されている端末補償オプション(月額500円)です。

このオプションをつけておけば、万が一ルーターを壊してしまったり、なくしてしまったりしても1万円の支払いでOK。また新しいルーターを送ってもらえます。

オプション料金はひと月500円ですので、費用は1年で6,000円。ルーター故障、紛失時の支払い額はこのオプションがないと4万円、あると1万円で、差額は3万円ですから、5年間無故障の場合には損をすることになりますが、さすがに5年間故障が一切ないということはないでしょう。

SPACE WiFiに入会するのなら、このオプションは必ずつけておいたほうが良いと思います。

メリット⑦:契約期間に縛りがなく、いつでも自由に解約できる

そして最後に、契約期間に縛りがなく、いつでも自由に解約できること。これもSPACE WiFiの大きなメリットのひとつです。

今ある無線インターネットサービスの多くは、契約期間に縛りを設けています。

たとえばWIMAXの契約期間は3年単位となっており、契約もしくは更新から3年未満で解約を行う場合には、最大2万円程度の解約金を支払わなければなりません。

解約金を支払いたくなければ、3年に1回の更新月に解約を申し込むほかないのです。このシステムのせいで、他サービスへの乗換や、有線インターネットへの切替がしにくいというのが、今の無線インターネットサービスの問題点となっています。

一方、SPACE WiFiはWIMAX系のサービスを提供してはいるものの、契約期間に縛りを設けていません。

もちろん解約金や違約金も0円ですので、いつでも好きなタイミングで解約をすることができます。LTEルーターを申し込んだ場合にもこの部分は変わりません。余計な出費をせずに済むという点でSPACE WiFiは優れています。

以上、SPACE WiFiのメリットをご紹介いたしました。同じ無線インターネットサービスの中でもこれほどコスパが良く、自由度の高いサービスは珍しいですね。

民泊用Wi-Fiをお探しの方はぜひSPACE WiFiを契約してみてください。

SPACE WiFiの口コミ評判を調べてみた!

ではここで、SPACE WiFiの口コミ評判をご紹介したいと思います。SNSや口コミサイトに投稿されていた内容をまとめてみました。

民泊用のWi-FiとしてSPACE WiFiを契約しました。通信速度はかなり速く、私の環境だと平均で40Mbps程度は出ます。ルーターはSpeed Wi-Fi NEXT04。地方在住ですが問題なく繋がりますし、初期費用もかからず、とても良いサービスだと思います。お客様にも好評です。 40代男性
これまでWi-Fiというものを使用したことがなかったため、設定等いろいろと不安はあったものの、SPACE WiFiはサポートがしっかりしていてスムーズに接続できました。ルーター本体はスマホサイズで持ち運びも簡単。月額料金も3,680円と安いです。民泊用としてはもちろん、家庭用Wi-Fiとしても便利です。 40代男性
子供が自立し部屋に空きができたため、最近民泊を営むようになりました。もともと有線インターネットを契約しておりましたが、子供部屋までケーブルを引っ張っていくのが難しかったため、SPACE WiFiを新たに契約することに。選択したルーターはポケットwifiのものです。こんな片田舎でも快適にインターネットを使うことができ、重宝しております。民泊用として置いていますが、家族で使うのに契約しても良いと感じました。 50代女性

以上、SPACE WiFiの口コミをご紹介いたしました。全体的に高評価が多く、初期費用0円で始められることや、月額料金の安いことなどを称賛する内容のものが多かったですね。

通信速度も申し分なく、解約金もかからないという点を評価する声も多数見受けられました。

SPACE WiFiの料金や通信速度、最新口コミまとめ

SPACE WiFiの料金や通信速度、最新口コミまとめ
今回はSPACE WiFiをご紹介いたしました。初期費用0円で始められるコスパの良い民泊用Wi-Fi。それがSPACE WiFiです。

いつでも解約ができるため、もし万が一ネットに繋がらない、通信速度が遅いなどといったトラブルが発生しても安心です。

ここで同サービスの基本情報をおさらいしておきましょう。

SPACE WiFi
初期費用 0円
端末代金 0円(レンタル式)
月額料金 3,680円
解約金 0円
データ容量 基本無制限
通信速度 下り最速440Mbps
特徴 契約期間の縛りなし、端末補償オプション有り、ルーターは小型で持ち運び可

これほどコストパフォーマンスの良いサービスも珍しいですね。皆さんもぜひSPACE WiFiの公式サイトにアクセスして、申込を行ってみてください。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-おすすめのwi-fi厳選!

Copyright© 【ブロードワイマックス比較2020】エリアや通信速度で選ぶならbroadwimax , 2020 All Rights Reserved.