wi-fiの特徴を把握!

徹底比較!wimax(au系)とポケットwifi(Softbank系)の違いとは?

投稿日:

wimaxとポケットwifi比較
皆さんは「Wi-Fi」サービスのなかにもau系(wimax)とソフトバンク系(ポケットwifi)の2種類がある」ことをご存知でしょうか?

両者にはそれぞれ特徴があり、はっきりとしたメリット・デメリットがあります。それを知らずに契約すると、後悔することにもなりかねません。

「wimaxとポケットwifiの違いは?わかりやすく解説してほしい!」
「結局どっちを契約したほうがお得なの?」

気になる方も多いのではないでしょうか。そこで当記事では、wimaxとポケットwifiの違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説いたします。

ここの記事をお読みいただければ、どちらを契約すべきなのかお分かりいただけるでしょう。

wimaxとポケットwifiの違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説

それでは具体的に、両サービスにはどのような違いがあるのでしょうか?まずはざっくりとその特徴を見ていきましょう。

wimax(au系) ポケットwifi(ソフトバンク系)
通信速度 高速 中速
月間データ容量制限 なし あり
料金 4,000円/月(サービス毎に異なる) 3,696円~5,696円/月
利点 好きなだけネットを使える、通信速度が速い 室内や地下でも繋がりやすい。海外で使えるプランもある
弱点 室内や地下ではやや繋がりにくい データ容量制限がある。通信速度はそれほど速くない

両サービスにはこのような違いがあります。それでは逆に、両サービスに共通していることは何かというと……

両サービスの共通点

①ルーター本体は小さく持ち運びが可能である
②Wi-Fi対応のスマホ・パソコンならネット接続が可能
③複数のデバイスを同時にネットに接続できる
④契約期間は2~3年であり、更新月以外での解約には解約金が発生
⑤料金はひと月4,000円前後であり、それほど大きな違いはない
③直近3日で10GBもしくは1日3GBなどの数日単位のデータ容量制限がある

このように両サービスには共通部分も多数存在します。wimaxとポケットwifiの違いについては「通信速度」「データ容量制限」「繋がりやすさ」の3点を見ればほぼ理解できるといっても過言ではありません。

この3つについて把握しておけば、自分にぴったりのサービスが果たしてどちらなのか、お分かりいただけると思います。

この章では両サービスの「通信速度」「データ容量制限」「繋がりやすさ」について解説してまいります。

(1)wimaxのほうが速い?wimaxとポケットwifiの通信速度について

結論を先に言ってしまえば、wimaxのほうが通信速度は速いです。つまり通信速度を重視するのならwimaxを契約したほうがいいということです。

では具体的に、両者の通信速度はどれくらいなのかというと……

wimax ポケットwifi
下り最大 1.2Gbps 612Mbps
平均実効速度目安 28Mbps程度 15Mbps程度

※「下り」とは動画の視聴やダウンロードなどに関わるダウンロード速度のことです

実効速度(実際に出る速度のこと)については、利用環境によって大きく上下します。

wimaxでも平均10Mbps程度しか出ないという計測結果もありますし、逆にポケットwifiで30Mbps程度の速度が出たという計測結果もあります。

ですので上記速度はあくまで「目安」なのですが、それでも、下り最大速度が大きい=ルーターの速度面での性能が高いwimaxのほうが、より速い速度の出るケースが多いのは間違いないでしょう。

時間帯や利用環境によるものの、ポケットwifiより速度が出ない、遅いというケースは少ないものと思われます。したがって、通信速度を重視するのであれば、ポケットwifiよりもwimaxのほうが良いということになります。

ただし、通信速度は1Mbpsもあればそれほど困ることはないため、ポケットwifiが「遅すぎて使えない」ということではありません。

平均15Mbpsも出ていれば問題なくネットを使うことができます。あくまで「より速い」のはwimaxだということです。

(2)wimaxは好きなだけ使える?月間データ容量制限について

続いては月間データ容量制限についてお話しいたします。これは言うまでもなく、月ごとに定められたデータ容量の制限、上限のことで、たとえば月間20GBまでと決められていた場合、その月のデータ使用量が20GBに達すると速度制限がかかります。

このデータ容量制限のないプランに入会すれば、基本的には好きなだけインターネットを楽しめるということになります。

では実際に、wimaxとポケットwifiではデータ容量にどのような違いがあるのかというと……

wimax データ容量無制限 or 7GB/月
ポケットwifi 7GB/月

となっております。つまりwimaxは月間データ容量無制限のプランに入会すれば、好きなだけインターネットを楽しめるということです。

逆にポケットwifiは、最大7GBまでしか通信をすることができず、データ使用量が7GBに達すると速度制限がかかるのです。制限後の速度は128KBpsであり、ネットを普通に使うこともできません。

したがって、ポケットwifiはどちらかといえば、外で軽くインターネットを使いたい人向けのサービスであると言えます。自宅でのメインのネット接続方法としては使えません。

逆にwimaxは、自宅でのメインのネット接続方法として使えるほか、もちろん外でポケットwifi(持ち運び可能なWi-Fi)として使うこともできます。

この2点において優れているところを見ると、wimaxのほうがサービス内容自体は優れているのかなと個人的には思います。

今現在、ご自宅で有線インターネットを使用している方が無線に切り替えるようなケースでは、wimaxのほうが断然良いと言わざるを得ません。

(3)wimaxよりもポケットwifiのほうが繋がりやすい?

最後に繋がりやすさについて。これは唯一、ポケットwifiがwimaxより優れている部分です。

wimaxは、その周波帯からして室内や地下ではやや繋がりにくいという問題点があります。最新のルーターではその弱点がやや改善されているようですが、繋がりやすさにおいては、やはりポケットwifiのほうが上です。

ではなぜ、ポケットwifiのほうが繋がりやすいのかというと、ソフトバンクのスマホ回線を使用したサービスであるからです。

ポケットwifiを提供しているのはY-mobileなのですが、Y-mobileはソフトバンクのサブブランドなんですよね。したがって、ポケットwifiはソフトバンクの回線を使用しているのです。

スマートフォンは「携帯電話」でありますから、〇〇では繋がりにくい、繋がらないという問題は顧客獲得の重大な足かせとなります。

だからこそ、ソフトバンクを含む各キャリアは、どんな場所でも携帯電話が繋がるように、エリアを日々拡大しているのです。

そのスマートフォンの回線と同じ回線を使ってネット接続を行うのがポケットwifiですから、当然スマホと同じように「繋がりやすい」ということになります。

室内や地下であっても安定的にネットを使えるのはポケットwifiです。自宅はもちろん、旅行先のホテルや旅館、地下鉄の車内など、あらゆるシーンで活躍するでしょう。

データ容量に制限があるため、自宅でのメインのネット接続法には使うことができませんが、ネットを突然使えなくなったときのための保険や、出先で軽くインターネットを使う、調べものをするのに役立つのがポケットwifiです。旅や出張のお供としては、ポケットwifiのほうが優れていると言えるのかもしれません。

ただしこれは、wimaxが「繋がりにくい」ということではないので注意が必要です。壁を一枚隔てただけでwimaxが使えなくなるということはありません。

基本的には室内でも地下でも使うこができるはずです。あくまでポケットwifiに比べると、繋がりやすさはやや劣るというだけの話です。

ルーターの性能も違う?

ルーターの性能
さて、両サービスの内容の違いを見てきましたが、実はそれ以外にも細かなところで両サービスには違いがあります。

たとえばルーターの性能。機種が異なるわけですから、当然性能も異なります。もっとも、wimaxでもポケットwifiでも複数のルーターが提供されており、そのルーターはすべて性能の違うものですから、これは両サービスの違いというよりは各ルーターごとの違いと言っていいかもしれません。

一応、両サービスの最新ルーターの性能を比べてみると……

Wimax W06 ポケットwifi 801HW
サイズ W128×H64×D11.9mm 約W128.4×H65.6×D13.8mm
重さ 125g 約145g
通信速度 下り最大1.2Gbps 下り最大972Mbps
連続通信時間 9時間 8時間
同時接続可能台数 16台 16台

このような違いがあるのです。どちらも高性能ではありますが、サイズや重さ、連続通信時間などの面で微妙に違いがあります。

また、各サービス古い機種になると、これよりもサイズが大きかったり、通信速度が遅かったりもします。

ルーターを選択する際には、何か特別な理由がないかぎり、最新の機種を選んだほうがよいでしょう。

オプションの内容も異なる?

ポケットwifiはY-mobileが提供するサービスですが、wimaxには実は様々な種類のサービスが存在します。のれん分けのような形で、各プロバイダーがwimaxサービスを提供しているのです。

主なサービスをざっと挙げてみると……

などなど、様々な種類があるのです。提供されているルーターの種類はほぼ同じですので、通信性能に関しては本家wimax(UQ WiMAX)と変わりませんが、オプション内容等は大きく異なります。

この「サービスごとにオプションが異なる」「好きなオプションのあるサービスに加入できる」という点も、wimaxとポケットwifiの違いだと言えるでしょう。まあ、wimaxの中にもこれといったオプションのないサービスもあるんですけどね……。

たとえばブロードワイマックスには、パソコンやスマホなどのデバイス貸出オプションがあります。

月額800円でスマホを、2,200円でノートパソコンを借りられるのですが、オプション入会後24ヶ月経過すると、そのデバイスが自分のものになるのです。いわば各端末のセット販売も行っているということですね。

24ヶ月経過後もそのデバイスを使うのもよし、売却してそれを元手に新しい機種を購入するのもよし。色々な使い方ができます。

このような利用者にとって非常に有益なオプションを提供しているのは、ブロードワイマックスだけではありません。他のサービスでも様々なプランが提供されています。

wimax加入の際にはぜひ、色々なプロバイダのサービス内容、オプションを確認してみてください。個人的にはブロードワイマックスがおすすめです。

ポケットwifiには海外利用プランもある!

ポケットwifiには海外利用プランもある
ちなみに、ポケットwifiには海外利用プランもあります。

海外でWi-Fiを利用したいという方にしか関係のない話ではありますが、ポケットwifiは日本国内外でどこでも使えるWi-Fiサービスであり、海外向けのプランも用意されているのです。

それに対しwimaxには、海外利用プランは存在しません。基本的には日本国内でしか使えないと考えてください。

なぜ通常のプランと、海外利用プランとが分けられているのかというと、国内での通信コストと国外での通信コストが異なるからですね。

海外での利用のほうが通信コストが高いため、国内向けプランと同一の金額で提供することはできないのです。

他にも海外利用向けプランを用意しているサービスは存在しますが、いずれのサービスも国内用と国外用でプランを分け、料金にも差を設けています。

ではポケットwifiを海外で利用する場合にはどれくらいのお金がかかるのかというと……

海外での利用料金

月額料金 3,980円/月
海外利用 90円/日

たとえば海外で10日間ポケットwifiを利用した場合、料金は3,980円+900円で4,880円となります。

専用のプランに入会してもそこそこの出費にはなってしまうのですが、この金額は同じ海外用wi-fiの中では安いです。

1日当たり1,000円以上かかるようなサービスもありますからね。なので、ポケットwifiは海外でWi-Fiを利用したいという方におすすめです。

ちなみに、上記の海外利用プランに入会した場合でも、日本国内でWi-Fiを利用することはできます。月額料金は変わらず3,980円、月間データ容量は7GBです。

あくまで海外で利用する場合に別料金が発生するというだけで、日本国内での生活において使用するWi-Fiルーターとして手元に置いておく、実際に使うということもできるのです。

ですからたとえば、たまに海外に遊びに行くことがある、出張に行くことがあるという方は、ポケットwifiの海外利用プランを契約しておくと便利でしょう。

ルーターを海外へ持ち出してそのまま使うことができますからね。ただし、海外で利用する場合にも、月間データ使用量7GBの部分は変わりませんので、注意が必要です。

使いすぎるとすぐに速度制限がかかってしまいますから、本当に必要な場合にのみネットに接続する、という使い方にしたほうがよいでしょう。

wimaxとポケットwifiの共通点について

前述のとおり、両サービスには共通点もあります。たとえばルーターが小型で持ち運びができることや、Wi-Fi対応のスマホ・パソコンであればネット接続が可能であることなどがそうです。

とりわけ注目すべきは「数日単位の通信制限があること」と「契約期間に縛りがあり、途中解約には解約金が必要」という点でしょう。

これを把握しておかないと、快適にネットを使うことができなくなったり、解約の際に数万円の解約金を取られたりしますから、注意が必要です。

まずは数日単位の通信制限についてですが、これはwimaxの場合直近3日で10GB、ポケットwifiの場合1日3GBの利用で、翌日速度制限がかかります。

wimaxのデータ容量無制限プランに入会した場合でも、この部分は変わりません。ですからwimaxには、「どのプランに入会しようとも、実際にはデータ容量制限がある」と考えてください。

Wi-Fiサービスの中にはこの数日単位の制限が無いものもありますから、無線インターネットサービスを選ぶ際のひとつの基準として覚えておかれるとよいでしょう。

ただし、3日で10GB、1日で3GBを使うのは、容易なことではありません。たとえば、VODで配信されている1時間くらいの長さの動画のサイズは、大体800MB程度です。

1本丸々ダウンロードしたとしても、1GBにも満たないのです。1日で3GB以上の通信を行うのはよほどひどい使い方をしないかぎりは無理でしょう。ですからこの部分についてはあまり気にしなくても良いのかなと思います。

続いては解約金について。wimaxやポケットwifiには契約期間の縛りがあります。

どちらも契約期間は3年とされており、新規加入もしくは契約更新から3年未満で解約をする場合、最大約2万円の解約金を払わなければなりません。

解約金を支払いたくなければ、たとえサービス内容に不満があろうとも、3年はそのルーターを使い続けなければならないのです。

ですから、wimaxに入会するにせよ、ポケットwifiに入会するにせよ、事前にそのサービス内容について詳しく知っておくことが必要です。

細かなオプションの内容や、長期利用割引制度、友達紹介、スマホとのセット割など、サービスごとに当然内容は異なります。それらをチェックして、よりお得に使えるサービスに入会するのが吉です。

wimaxとポケットwifiの口コミ評判をまとめてみた

ここではwimaxとポケットwifiの口コミをご紹介いたします。速度のwimax、繋がりやすさのポケットwifiと言われることの多い両サービスですが、実際に利用した人たちはどのような感想を抱いているのでしょうか?

まずはwimaxの口コミを見てみましょう。

wimaxの口コミ

もともと有線インターネットを使っていましたので、とにかく通信速度は速くないと困ると考えていました。ポケットwifiとどちらにすべきか迷ったものの、どの口コミを見てもwimaxのほうが速いとあったのでwimaxに加入。通信速度は平均で20Mbps以上出ており、十分合格ラインかと思います。室内では繋がりにくい?みたいな声もありましたが、私の利用環境では特に気にならないです。1階にルーターを置いていますが、2階の子供部屋でも普通に繋がりますよ。
仕事柄出張に出ることが多く、滞在先のホテルでネットが使えなかったりしたこともあり、wimaxを契約することにしました。ルーターのサイズはスマホと同じくらいで、ポケットに入れて持ち運びができるくらいに軽くて小さい。データ容量無制限だし、出張先で動画を観たりして暇をつぶせるのも嬉しいです。
カフェで仕事をするときにいつもスマホのデザリング機能を使っていたのですが、通信量が半端ないのでこの際無線インターネットに契約しようと色々調べ、それで見つけたのがブロードワイマックスです。スマホやパソコンが最終的に自分のものになるオプションもあるので、1人暮らしを始める人にぴったりなのでは? 通信速度も非常に速くて満足しています。ただ、地下などでは多少繋がりにくくなるみたいで、そこだけがネックです。

ポケットwifiの口コミ

海外利用プランがあるということでポケットwifiを契約。ルーターもすぐに届けてくれました。海外旅行では意外と「待ち時間」が長かったりしますから、時間つぶしにポケットwifiでスマホやパソコンをネットに繋ぎ、インターネットを楽しんでいます。海外で撮影した写真をすぐにSNSにアップできるという点でも便利。wimaxには海外利用プランがありませんし、他の海外向けのWi-Fiは料金が高かったりしますから、迷っているのならポケットwifiがおすすめです。
7GBの制限があるのはちょっと気になりますけど、でも外で軽くネットを使えたらいいという人には充分なサービスかと思います。特にポケットwifiはソフトバンク回線を使用しているため、繋がりやすく、スマホに急に制限がかかったときなどの保険として持っておくと良さそうです。旅行中に誰とも連絡が取れなくなったりすると困ってしまいますからね。
wimaxとポケットwifiにしようか迷ったものの、繋がりやすさ重視でポケットwifiに決めました。持ち運びもラクラクだし通信速度もそれなりに速い。平均10以上出ていれば苛々することもなく普通にネット使えます。でもデータ容量が7GBなのがちょっとね……。wimaxみたいに無制限だったら文句なくポケットwifi選ぶんだけど、現状だとwimax選ぶ人のほうが多そう。

以上、wimaxとポケットwifiの口コミをご紹介いたしました。

やはり人によって通信速度を重視するのか、それともデータ容量や繋がりやすさを重視するのか、評価のポイントは違うようです。

今のところ、通信速度とデータ容量で選ぶならwimax、繋がりやすさで選ぶならポケットwifiといったところでしょう。

特段理由がなければwimaxを選んでおいたほうが無難といえば無難です。

wimaxとポケットwifiの違いのまとめ

wimaxとポケットwifiの違いの
いかがでしたでしょうか。wimaxとポケットwifiにはおもに通信速度、データ容量、繋がりやすさの3点においてはっきりとした違いがあり、通信速度とデータ容量で選ぶならwimax、繋がりやすさで選ぶならポケットwifiとなります。

wimaxには様々な種類のサービスが存在するため、入会する前にそのサービスの割引制度やオプションをしっかりと確認したほうがよいでしょう。

どちらのサービスにも契約期間の縛りがあるため、途中解約は基本的にはできない、するとしても解約金が必要です。

加入する時点でそのサービスに納得していないと、あとあと後悔することになります。皆さんもじっくりと各サービスの内容を吟味したうえで、入会するか否か決めてくださいね。

  • この記事を書いた人

下り最速おじさん

あらゆるwi-fiを使って検証した結果、料金や速度、通信環境などBESTだったのがWIMAXでした!そんなWIMAXの良いところ、ちょっとダメなところを余す事なく紹介していきます! その他おすすめのwifiやポケットwifi情報も随時更新中!

-wi-fiの特徴を把握!

Copyright© WiFiの通信速度やエリアを比較!料金や口コミでおすすめは【WIMAX】 , 2019 All Rights Reserved.